芸能24時 2017年11月15日06時13分

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」


加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

「歯が出た人とは・・・」と、交際を否定

 フリーアナウンサーの“カトパン”加藤綾子(32)が7日、都内で行われた「EVERY DAY G・U・Mキャンペーン」発表会に出席した。同キャンペーンは、11月8日が「いい歯の日」ということで、この日を中心に、お口の健康を見直し、積極的なオーラルケア・歯周病予防を喚起する。毎日のオーラルケアに液体ハミガキを取り入れるキッカケを作るため、液体ハミガキを実際に体験するイベントを実施。

 また、歯周病リスクが高いライフスタイルを送っているといわれるタクシードライバーの人たちの歯周病予防を促進するため、タクシー会社の日本交通と日本初の共同プロジェクトを展開する。

 ゲストとして登場したカトパンは、TVCM「ガム・デンタルリンス・エブリデイ篇」に出演している。

 アナウンサーは、歯の印象も大事だが、「朝、昼、晩と歯磨きしています。歯間ブラシまでやらないと気が済まないタイプなんです。スッキリして、スイッチが入りますね」と、きれいな白い歯をみせて笑顔。

 また、定期的に歯医者にも通っているそうで、「自分では届かないところあると思うので、『大丈夫ですか?』という確認で歯医者さん行く」というほど、歯への意識は高い。

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

 そんなカトパン、歯もそうだが、スタイルもいいことで知られているが、身体のケアのほうはというと、「フリーになってから、1年半くらい、週1、2回ジムに通って、だんだんおなかが硬くなってきました」と女性リポーターにおなかを触らせて、硬さを確認させるほど。

 特別なことはしていないそうで、「苦しいほどはやらないですが、毎朝ストレッチとトレーニングだけの積み重ねで割れてきました。日々進化するのが楽しいですね」と、お腹の横あたりを手で示す。

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

お腹も硬くなった

 芸能界では“腹筋女子”が流行中!インスタグラムなどに、その割れた腹筋の美ボディを披露しているが、カトパンは、「(誰かに)見せる予定はないけど、自己満足で鏡の前で」と、苦笑い。フリーアナウンサーというよりも、モデルのようなスレンダーボディの秘けつを。

 カトパンは、昨年4月いっぱいでフジテレビを退職後、フリーアナウンサー受難の時代と言われながらも、CM出演、他局への出演、10月には短編ドラマで主演し、女優デビューを果たすなど、本業以外も活躍の場を広げているなど、順風満帆。次にチャレンジしてみたいことを問われると、「いろいろと。英語勉強したい。思いながらもできなかったので、そういう時間も作りたい。いただいた話があれば挑戦してみよう」と、工場指南を覗かせつつどん欲に語った。

 カトパンといえは、バラエティー番組『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系、水曜日・午後9時~)で共演するお笑い芸人・明石家さんま(62)と、今年9月にアメリカのニューヨークでのデートが報じられたばかり。リポーターから「あの歯が出た人とお食事されたそうで、交際に発展する?」と、イベントに絡めて水を向けられると「さんまさんのことですか? はい」と、素直に応じる。

 関係者が「そっちの歯の話ばかりになってしまうので…」と制止するも、カトパンは、「ないです!」と、きっぱり否定。関係者が「まだ、引っ張るんですか、その話題?」と、四苦八苦する中、カトパンは、「ちゃんと言っておいたほうがいいかなと思って」というと、「みんなで会いましたけど、進展はないですね。私がないですというのはちょっと失礼ですけど」と、自らの言葉でちゃんと説明するなど、さすがの対応力。

 最後には、「この製品(液体歯磨き)をさんまさんにも使っていただきたいです」と、呼び掛けた。ちなみに、クリスマスの予定は「何も入っていません。何かあったら教えますね」と、笑顔。

 同CMは10月28日より放送中。

 

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

フリーアナウンサーも歯が命!

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

G・U・Mのイメージに合わせてグリーンの衣装

加藤綾子、関係者の制止を振り切り、さんまとの交際を否定!「ちゃんと言っておいたほうがいい」

「ほら、ここにね筋ずできたの・・・」