スポーツ 2017年07月19日11時48分

巨人・山口俊投手病院での暴力疑いで先発取りやめ


 プロ野球、読売ジャイアンツの山口俊投手(30)が今月、東京都内の病院で、酒に酔った状態で警備員にケガをさせるなどのトラブルを起こした疑いがあるとして、球団は先発が予告されていた18日夜の登板を取りやめ、当面の間、試合への起用を自粛することを発表した。

 同日、NHKが報じており、巨人の説明によると、山口投手は18日夜にナゴヤドームで予定されていた中日ドラゴンズとの試合で先発が予告されていたが、球団は中日側に事情を説明したうえで登板を取りやめに。代わりに高木勇人投手(28)が先発した。

 巨人は「不明な点も多く、トラブルが事実かどうかも含めて引き続き調査する」として、当面の間、山口投手の起用を自粛するとしている。なお、試合は1-6で巨人が中日に敗れた。

 山口投手は2006年に横浜ベイスターズ(当時)に入団。11年間在籍した横浜から今シーズン、フリーエージェントで巨人に移籍し、今季は4試合に登板、1勝1敗、防御率6.43 の成績だった。