ジャニーズ 2016年12月30日15時00分

嵐・櫻井翔 相葉雅紀の紅白歌合戦司会へ「ある程度のハプニングは期待」!SMAPや大トリへの思いも【囲み会見全文】


嵐・櫻井翔 相葉雅紀の紅白歌合戦司会へ「ある程度のハプニングは期待」!SMAPや大トリへの思いも【囲み会見全文】

嵐が囲み会見を開いた

 人気アイドルグループ『嵐』が29日、東京・渋谷のNHKホールで『第67回NHK紅白歌合戦』の音合わせリハーサルを前に囲み会見を開いた。

 7回目の出演となる嵐は本番では『嵐×紅白スペシャルメドレー』を披露する。

 報道:今年の紅白への思いは?
 松本潤:いや相葉さんが司会をやるというのがサプライズでしたが、自分たちが大トリという大役を任されるということが驚きです。
 大野智:本当にギリギリまで分からなくて、まさか、まさかね……という感じでしたけど。
 一同:(笑)

 櫻井翔:第60回のときに初めて紅白に出させて頂いたんです。そのときもすごくドキドキして驚きましたけど、そこから数年経って大トリをやらせて頂けるなんて思いもしなかったのでただただ驚いています。
 二宮和也:なんかね、他人事みたい。ああ、そうすごいねと思っちゃいました(苦笑)。いざ自分たちがやるとなると震えてしょうがないですよ。大丈夫かなみたいな感じで。ちゃんとNHKさんが用意して頂いた演出のもと、出演させて頂けるというのでちょっと安心してますけど。

 報道:それで司会のことですが?
 相葉雅紀:もちろん緊張感を持ってリハーサルにいくんですけど、自分たちの歌が終わったらちょっと楽になると思っていたんです。だから、(順番を)早めに歌いたいなと思っていたんですけど、本当に(大トリで)ビックリですよ。歌のことも頭にありながら進行のこともありながらなので。緊張感が倍です!

 報道:嵐のコンサートで、アンコールでやっていたことが実りましたね?
 相葉:そうですね。僕ら勝手に、「これは想定だよ!これは想定だよ!!」と言って白組最後の曲ですと嵐のコンサートをパロったときに、やらせて頂いていたのがまさかそれが現実になるとは思っていなかったので、やってみるもんだなと思いましたね。

 報道:曲紹介って自分でやるものなんですか?
 相葉:いやいやいやいや!さすがに、そしたら俺歌えないっすよ!
 報道:嵐が司会のときは?
 松本:ほかの方から紹介されていました。
 相葉:そう、だから、誰かしら形にはなると思いますけど。

 報道:きょうもずっと相葉さんが出てますね。
 相葉:そうなんです。1時間前にも(有村架純らと)会見して。

 報道:嵐のみなさんからすると相葉さんの司会ぶりはどうですか?
 櫻井:こんなこと言うとはばかりますけど、やっぱりある程度のハプニングは期待してますよね。きっちり、かっちりというのは正直求めてない。ミスを恐れずやってもらいたいですね。楽しい相葉くんらしい司会をやってほしいです。
 松本:でも、ちゃんと締めるところは締めると思いますよ。5人で司会をやった経験もあるので、有村さんを引っ張って行かれるんじゃないかと思いますけど、どうですか?
 相葉:いや、頼ってますよ有村さん(笑)。

 報道:相葉さんの司会で心配になることは?
 大野:何回もやっているといっちゃやっているし、素晴らしい振付もありますから。確認することかな。
 相葉:そうですねぇ。きょうは居残りします。
 報道:二宮さんからエールは?
 二宮:いや、一般に普通にできると思いますよ。だから選ばれているわけですし、さっきからみんなが言っている通り、楽しい紅白を見たいなと思っています。

 報道:紅白本番はどんなステージになりそうですか?
 松本:まだ、リハやってないんですよ。誰かリハ用の映像見ました?
 (一同首をかしげる)
 松本:NHKのスタッフさんと話をさせて頂いて、大トリという大役なので、僕らのわかりやすい曲というか、自分たちが歌ってきた曲をメドレーでやらせて頂きます。
 報道:テレビの前のみなさんも一緒に歌えるような曲ですか?
 松本:予定です……。

 報道:今年1年を振り返ってどんな1年でしたか?
 松本:5人でいる時間が、本当にたくさんありましたね。9年ぶりにアリーナツアーをやらせていただいて、久しぶりに行けた地方もたくさんありましたし。昨日まで東京ドームツアーをやっていましたけど、5大ドームツアー中なので、5人で一緒にステージに立つところもありましたし、打ち合わせ含めて、すごい5人で一緒にいた時間が長かったかな。その結果が最近、みんなスイーツにみんなハマるという(笑)。
 報道:では、きょうのスイーツエピソードは?
 相葉:あの、きょうの……。
 松本:やめましょうよ……。
 報道:いや、スイーツの話をしましょうよ(笑)。
 相葉:ワッフルを、嵐の4人から差し入れ頂いたんです。
 松本:僕らも司会をやらせていただいた時に出場される方の面談みたいなのをやらせていただくんです。その出場歌手の方と方の間に、ちょっとした時間とかがあるんで、みんなで食べれたほうがいいんじゃないかということで、4人で相談して相葉さんに差し入れを。みんなで食べていただいて。
 相葉:しかも、フォークとか皿を使わなくても、ポッと取れるという、そこまでの気づかい…すごい女子力高い!スタッフみんなも喜んで、サッサ、サッサと取っていて、たくさんいただきました。

 報道:今年の嵐を漢字1文字で表すとしたら?
 相葉:「驚」です。
 櫻井:やっぱり、この31日に向けて…応援の「援」ですかね。相葉さんおよび白組の少しでも力になるように、僕ら4人も力添えができたらなと。
 二宮:「楽」しいですかね。楽しかったと思います。5人でずっといる時間も多かったですし、その締めがこの紅白歌合戦。歌うこともそうですけど、応援するところからいろいろなシーンがあると思うので、そこも楽しんでできたらな、という思いを込めて。
 大野:送信の「送」ですね。本当に今年、5人でメールの送信のしあいが、1番じゃないですかね……グループメールで。すごいやったんですよ。みんな楽屋にいるのにやってたり。きのうもやってた。誰かが写真を撮ると、その人が写真をみんなに送る感じで。
 報道:最新の写真は?
 大野:最新は、僕が相葉くんの誕生日にあげたフィギュアを、みんなで楽屋で撮ってて……。
 相葉:俺とリーダーでやりあってね……すみません、くだらない写真ですね(苦笑)。
 松本:僕は相葉雅紀さんの「雅」です。相葉くんが紅白の司会をやるのは、すごいことだと思いますし、最後、綺麗に飾って、優勝して、相葉さんが優勝旗を持った姿で終われたら。

 相葉:(大野に向かって、優勝旗を渡される時)絶対に出て来ないでくださいね!
 大野:今年?後ろにはいるんじゃない。
 相葉:結構ね……内心、(優勝旗を持つことを)狙っていると思いますよ。僕が取るとしたら、横から来る可能性があるんで。
 大野:それは状況によってかな。
 相葉:それ締めどころですね。

 報道:12月31日はSMAPの解散の日でもありますけど?
 大野:いや、本当5人というのは僕らにとっては偉大すぎて、寂しく思いますよね。僕らも一緒にお仕事をさせて頂いたこと、それは僕らにとっても一生の宝物になりました。先輩にたくさん学んだことを僕らも受け継いで、僕らなりにこれからもやっていきたいと思います。

 報道:SMAPとの何か思い出は?
 櫻井:われわれが初めて(紅白に)出させて頂いたとき、パフォーマンスをしているときに中居(正広)くんが袖で見てくれていたんです。歌っているときって司会の方は裏に引っ込まれるんですけど、それが心強くて、この大舞台で不安でいっぱいだったのが、たくさん支えて頂いたなって、いますぐに思い出す景色です。
 報道:学んだことはりますか?
 櫻井:山ほどありますね。それまで誰も経験してこなかったことを一番最初に切り開いてこられた先輩たちだったので。背中から学ぶことはあふれるほどあると思う。
 松本:東京ドームもそうです。ジャニーズのメンバーで東京ドームでライブをしているのを見たのはSMAPでしたし、国立競技場でやっているのを見て自分たちもしたいなと思ったんです。やっぱり自分たちにとって偉大な先輩です。