俳優・女優 2016年01月09日23時22分

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?


市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

鏡開きが開催!

 女優・大和悠河(38)、水谷八重子(76)、波乃久里子(70)、俳優・市川月乃助(46)が2日、東京・日本橋三越で『初春新派公演 糸桜/新年踊り初め』初日鏡開き開いた。

 劇団新派の恒例の1月公演で、河竹登志夫氏『作者の家』を原作にした河竹黙阿弥の娘・糸女を中心として織りなす絆の物語『糸桜』と、ならではの華やかな『新年踊り初め』で幕を開ける。

 大和は春を感じさせる薄いピンク色に桜が描かれた和装で登場。宝塚歌劇団の男役トップスターが新派舞台に出演するのは越路吹雪以来となり、「新派舞台に出演させて頂いてとても光栄です。『踊り初め』は女性役で出演しますが日によっては男性役で出演するので何度も観に来て頂ければ」と、あいさつ。

 一方、月乃助は、歌舞伎の世界から劇団新派に所属となり、この日が初お披露目。「自分でもどういう心境かは言えないのですが、新派俳優としてデビューして雲が晴れたというか目が開いたというか」と、実感を語り、師匠である市川猿翁へあいさつに行ったところ、「『徹底的にやりなさい』と言われたのが後押しになりました。晴れやかな気分です」と、背中を押されたそうだ。

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

 

 「隈取りが残っていて感慨深いですが、この隈取りも段々なくなっていくんだろうなって。死ぬまで務めさせて頂きます」という月乃助に、水谷は「もう離しません(笑)」と沸かせつつ、「歌舞伎の経験は絶対に無駄じゃない」と、エールを。

 さらに、大和へも話が波及し、波乃が「こちらにも入っていただきたい!」と、振るとこれに大和は感激しつつ、「今回初めての新派に出演できるというので嬉しいですし、それがしかも新派だというのも嬉しくて。初めての舞台を観させて頂いた時に感動して、本当に幸せだなと思っています。稽古場でも細かいところもまで教えてもらえます。千秋楽までいろんなものを観て、身につけていきたいです」と、抱負を語っていた。

 『初春新派公演 糸桜/新年踊り初め』は2日から25日まで三越劇場にて上演!

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

市川月乃助

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

大和悠河

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

波乃久里子

市川月乃助 新派所属お披露目で感慨!大和悠河にまで話が飛び火!?

水谷八重子