J-POP 2015年12月29日20時09分

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」


NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

NMB48が「あさが来た」とのコラボへ

 アイドルグループ『NMB48』が29日、東京・渋谷NHKホールで開催された『第66回NHK紅白歌合戦』リハーサルに登場した。

 3年連続の単独出場を果たす『NMB48』は紅白後半のトップを飾る。歌唱曲『365日の紙飛行機』は現在放送中の、関西を舞台にした朝の連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌。同作のスペシャルドラマも番組中放送予定だけに、どんな演出になるのか楽しみなところだ。

 報道陣の前には“さや姉”山本彩(22)、“みるきー”渡辺美優紀(22)、“ふぅちゃん”矢倉楓子(18)、“みるるん”白間美瑠(18)、“りりぽん”須藤凜々花(19)、“しゅう”薮下柊(17)、“なぎさ”渋谷凪咲(19)の7人のメンバーが登場。

 山本は「ドラマも見ているのですごく嬉しい!」と笑顔。渡辺が「素敵な女優さんと同じステージで“びっくりぽん”です」と適切なコメントをしつつ「宮崎あおいちゃんの大ファンですごくかわいい~」と声を弾ませた。

 いわゆる“持ち歌”ではない曲での出場だが、薮下は「有名な楽曲で『やったー!よっしゃー!』って感じです」とあっけらかんとした様子。渋谷も「夢の共演のよう」と楽しげ。

 舞台ではギターを披露するという山本。「ひとりで弾き語りは何度かしたことあるんですけど、メンバー全員の真ん中でやるのは緊張します。審査員や出演者のみなさまもいらっしゃるので」と気を引き締めながら「冗談抜きで『あさが来た』は毎日涙が出る。毎回(波留演じる)あさが、周りの人間を引き込んでいく姿を見て、自分も見てて頑張ろうと思える」とアピール。渋谷は「本当に『あさが来た』を見ると朝が来る感じ」とふんわり語った。

 残念ながら今年はSKE48やHKT48は出場できなかったが、山本は「HKTさんSKEさんの分も、他のグループに負けない勢いを見せたい」と力強く宣言し「来年は(NMBとして)ツアーをやらせていただきたい。もっとたくさんの人に知ってもらいたい」と、抱負を語った。

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」

 

NMB48『あさが来た』との共演に「よっしゃー!」