つんくファミリー 2015年09月09日11時40分

つんく♂ ハロプロのプロデューサー業卒業していた!


 音楽プロデューサーのつんく♂(46)が、昨年10月に『モーニング娘。’15』らハロー!プロジェクトのプロデューサー業を卒業していたと、きょう9日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)が報じた。

 今年4月、喉頭がんで声帯摘出の手術を受けたことを発表したつんく♂だが、ハロプロの総合プロデューサーの座を降りるきっかけとなった出来事は、13年秋頃とのこと。当時は喉頭がんの発覚前だったが、喉の調子が悪かったため、つんく♂がボーカルを務めるバンド『シャ乱Q』や、ハロプロメンバーが所属するアップフロントグループの会長から休養を提案されたという。

 つんく♂自身はまだまだプロデューサー業を続けていきたい意思があり、展望もあったそうだが、一つの大きな仕事と位置づけていた『モーニング娘。’14』が2014年10月に米ニューヨーク公演を終えたところで、一区切りをつけたそうだ。