声優 2015年09月06日16時57分

宮野真守 心から「もっこす!」絶叫!台本からセリフがなくなった事態とは?


宮野真守 心から「もっこす!」絶叫!台本からセリフがなくなった事態とは?

ロードバイクにまたがり新開のセリフを言い出すことも

 『劇場版 弱虫ペダル』(監督:長沼範裕/配給:東宝映像事業部)公開記念舞台あいさつが6日、東京・お台場シネマメディアージュで開かれ『箱根学園』から真波山岳役・代永翼、福富寿一役・前野智昭、荒北靖友役・吉野裕行、東堂尽八役・柿原徹也、新開隼人役・日野聡、泉田塔一郎役・阿部敦、『熊本台一』から吉本進役・宮野真守、田浦良昭役・田尻浩章が登壇した。

 自転車ロードレースにすべてを懸ける高校生たちの激闘やドラマを描いた『弱虫ペダル』が原作者の漫画家・渡辺航氏オリジナル書き下ろしで劇場版となった。全国大会<インターハイ>で総合優勝後の総北高校が招待された『熊本 火の国やまなみレース』で、再びライバルたちと熱いバトルを繰り広げる。

 それぞれ自己紹介から和気あいあいで、伝言ゲームかのように語尾を変化させてキャストたちは楽しむ様子を見せ、阿部は「お願いしますアブ!」と、キャラの語尾をつけるサービスで、宮野に至っては、「吉本進たい!もっこす!もっこす!」と、完成披露試写会でも見せていたポーズを取り、この日も、お茶目さ全開!

 代永は劇場版の感想について、「感動しましたね。(小野田坂道役の)山下大輝くんと4日前に池袋の劇場に観に行ったんですけど、大輝くんはずっと泣いてました」と、感動的に仕上がっているそうで、「新しく熊本台一も加わって」というと、これに宮野と田尻が反応し“もっこす!もっこす!”ポーズ。柿原は「まきちゃんとまきちゃんが、まきちゃんで、まきちゃんにもっこすもっこす」と、ネタバレできないことから心苦しげに言葉を発すると、宮野は「もっこす!もっこす!そんな使い方じゃないから」と、ツッコんで観客を沸かせた。

 その宮野は劇場版で新たに加わったキャストとなったため、司会からの呼びかけに「はい!!」と、とてもいい声で反応。弱虫ペダルの現場に入ってみて、「原作を一気に読んでしまって、泣かずに読むのが不可能なくらいでした。もうみんな絆ができているじゃないですか。その絆を現場で感じられたのが作品について話してらっしゃったりとか、すごくいい雰囲気で収録をずっとしてたシリーズなんだなって」と、その様子を語り、田尻と肩を組みながら「こいつと初めてチームを組むことになったんですよ。実はここの絆は深くて、僕は田尻さんがいないと熊本弁を喋れなかった。本当に丁寧に教えてくれました」と、熊本台一側でも絆が生まれていたよう。

 ただし、宮野は、「でも田尻さんがセリフを変えちゃうんです。台本の中に、1つだけ『もっこす』があったんです。田尻さんは熊本弁という観点から、『こう言います』というので台本のセリフを監督とやりとりしていて、それが採用されたんですが、『もっこす』が消えちゃったんですよ。あんなに言いたかった『もっこす』が消えたんです!」という出来事もあったのだとか。

 宮野はそのまま続け、「それで、田尻さんに『僕、もっこす言いたいです!』と言ったら復活したんです!」というやりとりがあったそうで、「だから僕は、心を込めて『もっこぉーーーす!!』って叫びました」と、とくに気持ちが入ったそうだ。

 一方、話題に上がった田尻は、実は田浦役だけでなく、テレビシリーズ第1話の柔道部部員役やガヤなど陽に影に作品を支えている声優。「結果、この舞台に立っていて、シンデレラストーリーみたいです」と、しみじみ。すると、柿原がこれに反応し、「田尻がやっている、いろんな役を兼役でやってくれる。この作品には、そういう後輩がいっぱいいてくれます。テレビシリーズのときに、僕とマキちゃんの対決のときに、応援団長という役、あれも田尻がやってるんです。テストだと本番まで最高の演技をと思ってとっておくんですが、田尻のあの全力の『フレー!フレー!』を聞いて、巻島役の森久保祥太郎さんも、『全力で応援してくれている、そういう思いに全力で応えていこう!』って気持ちが上がって、気持ち良くできました。作品はいろんな人達に支えられているなと思っています」と、真摯に語っていた。

 ほかにも、日野が最初に入ってなかったという「OK寿一!」というセリフをアドリブで入れてそれが採用されたということや、吉野が、「待宮(栄吉)とのシーンは気を使いましたけど、福ちゃんは別格です」と、裏話的な心情も。

 イベント後半には、『弱虫ペダル』Webラジオの名物コーナー『チャリネットハコガク』が宮野に対して開催!ロードバイクを宮野に買ってもらえるようにほかのキャストがプレゼンするというものとなり、劇中で吉本が乗っていた自転車のモデルとなったCERVERO(サーベロ)をすすめることに。実物にまたがった宮野は、新開の決めゼリフ「バキューン!」をしだしノリノリ!

 肝心のプレゼンの方はというと、進行を引き取ってプレゼンしようとする代永のことをほかのキャストがイジりだし、ロードバイクより、声優の魅力が伝わることとなり、代永はしぶしぶ「健康になれます」と、一言で締めることとなってしまう。宮野は「20、30万円だったらいっちゃおうかな」と、乗り気だったものの、40万円ほどと伝えられると、微妙な顔になって「20、30万なんて言わなきゃよかった」と、及び腰。買うかどうか尋ねられると、宮野は「買いますん」と、どうとでも取れる返答!結局どっちなのか詰め寄る、キャストたちに、「保留にさせてください」と、泣きが入る。さらに、宮野は田尻に振ったり、同じサーベロをモデルにした自転車を使っているという新開の日野に振ったが、日野は「買いません!」と、キッパリと断って場内は爆笑だった。

 『劇場版 弱虫ペダル』は絶賛公開中!

宮野真守 心から「もっこす!」絶叫!台本からセリフがなくなった事態とは?

宮野真守 心から「もっこす!」絶叫!台本からセリフがなくなった事態とは?