CM 2015年08月27日19時51分

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」


“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

息抜きはケータイゲーム!?

 ソチ五輪金メダリストで男子フィギュアスケートの羽生結弦(20)が27日、都内でロッテ「ガーナミルクチョコレート」のPRイベントに、女優・土屋太鳳(20)、松井愛莉(18)、広瀬すず(17)とともに出席した。

 イメージキャラクターを務める4人が初集合となったが、9月8日から放送スタートとなる新CM「チョコびらき篇2015」にちなんで、ステージ上でオリジナルのクス玉を割る”チョコ開き”を行い、「ガーナってシンプルだけど味わい深くてどんな雰囲気、場所にも合う」(土屋)、「これからチョコがおいしい季節になるので、チョコを食べて幸せな気分になってほしい」(松井)、「いよいよチョコ開き!たくさんの出逢いがあるガーナとこの秋を楽しんで!」(広瀬)、羽生も「3人のかわいらしいCMを見てガーナを楽しんでほしい」とそれぞれフレッシュにPRした。

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

赤いスーツで登場

 この日は、「3人の女性に囲まれて心細いです。普段からクラブで練習のときも9割女性なので慣れているが、いつもはこんなに豪華じゃない」とスマイル全快ながらもどこか緊張気味の羽生だったが、初のチョコ開き体験に「スポーツ選手なのでこんな演出を受けたことはない」とご満悦。ファンに応援されていると実感したことについて問われると、「いろんなところで感じるが、とくに試合に入る前は緊張して感じないが、演技が終わって歓声をいただいたときに、応援されているなと実感。悪い演技をしたときもあたたかい拍手をいただいている」としみじみ。反対に応援したい人については「ボク自身そんなに余裕があるワケじゃないが、リンクやテレビで観てくれている方を応援したい。応援を受けることもある意味ボクたちの仕事。それに結果で応えることでエールを贈りたい」と目を輝かせた。

 異分野で活躍する同世代の4人がそろったということで、3人の女優陣たちから息抜き方法や体調管理、現在の練習について質問が寄せられたが、羽生は「(息抜きは)ゲームとか。フツウのケータイゲーム、大学生よりやっている時間長いかも。(体調管理は)睡眠時間の確保。試合前は8時間とっている。(現在のトレーニングは)陸上で回転練習とか。ジャンプ3回転を1、2時間ぐらいやっている。いまは仕事がたてこんでいて、あまり練習時間が確保できていないが、できることをがんばっていきたい」とひとつひとつに丁寧に応えていた。

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

耳ピクピクを実演

 今秋の目標には「成長の秋。まだまだ成長できることがあると思っているので、シーズンがはじまる前にコンディションづくりをしっかりやりたい。昨年よりさらに表現力を強化していきたいし、表現は技術の裏づけでもあるので、高めていきたい」と決意を新たにしていた。

 また、誰にも教えていないヒミツを問われると、「耳が動くんです!」と右耳をピクピクさせる動きを披露。「小学生のときに先生の声に集中して聞いていたら、友だちに『オマエ、耳動いているぞ!』って言われた。でも、耳は(フィギュアスケートの)採点には関係ないですからね。そこまでコミカルなものをやろうとは思わないし」と茶目っ気たっぷり。

 お題のチョコについては、「テスト期間中とか、頭を動かすときに1日2枚とか食べちゃうかも。ボクはあまり(食事を)食べないから『食べろ!脂肪増やしな!」といわれているので。ただ、それだけでチョコを食べているわけではないですけどね」と終始笑顔で応えていた。

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

 

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

羽生結弦

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

土屋太鳳

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

松井愛莉

“ゆづ”羽生結弦、意外すぎるヒミツ「耳動きます!」今季は「技術の裏づけである表現力高めたい」

広瀬すず