お笑い 2015年07月01日11時09分

ダイノジ大谷ノブ彦左足小指骨折も「痛風の10分の1の痛さ」


ダイノジ大谷ノブ彦左足小指骨折も「痛風の10分の1の痛さ」

大谷ノブ彦が左足小指を骨折!

 お笑いコンビ『ダイノジ』の大谷ノブ彦(43)が29日、自身がパーソナリティを務める30日放送のラジオ番組『大谷ノブ彦 キキマス!』(ニッポン放送、月~木曜・後1時~)で左足の小指を骨折したことを明かした。

 番組冒頭から大谷自身から説明。DJイベントの際にジャンプして着地に失敗しことが原因だったそうで、「高く飛んだつもりだったんです。いててと思ったんですけど、ポッキリ折れてましたね」と、説明。

 いまは松葉杖をつきギプスもしている状態だそうだが、「個人的には痛風の方が骨折より痛い」「痛風の10分の1の痛さだった」と、漏らしつつ「ニッポン放送のいろんな方がちやほやしてくれるんです」とも話していた。