CM 2015年06月18日11時41分

嵐・二宮和也 今年もJCBテレビCMに登場!「歩きながらのセリフは難しい~!」と苦戦も


嵐・二宮和也 今年もJCBテレビCMに登場!「歩きながらのセリフは難しい~!」と苦戦も

嵐・二宮和也が今年もJCBのCMに出演!

 人気アイドルグループ『嵐』の二宮和也(32)が27日より全国でオンエアされるJCB新テレビCM『地球を歩く』篇に出演する。

 二宮はブランドイメージキャラクターとしてJCBで起用され、今年で6年目となる。

 CMでは同社の新たなブランドメッセージ『世界にひとつ。あなたにひとつ。』発表後初制作となるだけあり、最新の撮影技術を活用。二宮の歩くスピードに合わせて、周囲の風景が京都からバルセロナ、バルセロナからハワイへとシームレスに変化していく様子がワンカットで撮影されている。特殊な撮影法となっており、二宮を取り巻く世界がどんどん球形に変化して360度の風景を見渡せる小さな地球のようになっていくのが見どころとなる。

 そのストーリーは、京都を歩く二宮の姿からスタート。カメラがだんだん引いていき画面が360度見渡せる視界に丸く変化していきながら、二宮による「この国生まれのJCBは、一人ひとりを大切に想っています」とナレーションが入る。画面が小さな地球のようになり、バルセロナや、ハワイなどを歩きながら二宮は「ということはですよ?わたくし二宮和也もJCBに想われているひとりであって、この世界のどこかにいるあなたも もちろん、そしていまTVの前にいるあなったもその大切なひとりである、ということなんです」とのメッセージを。そしてホテルのフロントで歩みを止めた二宮は、「世界にひとつ。あなたにひとつ。JCB」と、JCBでのチェックインをして、30秒での世界旅行を終えることとなる。

 撮影では、元気にスタジオ入りした二宮。まずは監督と絵コンテを見ながら演出の説明を受ける。最新技術を使って、二宮を取り巻く周辺世界がどんどん球形に変化して、最後には地球のような球体の上を歩くという、スタッフでも少し完成したイメージがしづらいものだったが、二宮は、監督の説明を受けて時折うなずき、頭のなかでイマジネーションを膨らませている様子も。

 映像では、京都やバルセロナ、ハワイといった街並みとともに、舞妓さん、フラメンコ舞踏家、フラダンサーらといった共演者との交流もあるが、スタジオの撮影では、ブルーバックの青い世界のなかに二宮はたった1人。共演者らとどのタイミングですれ違ったり止まったりするのか、緻密に計算されたタイミングと、二宮の想像力から表現される演技ですべてが決まる。

 そこでテストと本番を繰り返し、モニターを見ながら監督と議論と微調整を重ねつつの撮影で根気がいる作業に。さすがの二宮も「歩きながらのセリフは難しい~!」といつもと勝手の違う撮影に苦戦を強いられていたようだが、さらに5テイクほど撮影を経たところで二宮から、「やっと(演技のタイミングが)入った気がする!」と、とっかかりを見つけたようで、そこからは撮影も一気にスピードアップ!監督も「(二宮さんは)カンがとてもいいですよ!」と絶賛で、終わってみると予定より2時間早く撮影終了となり“2時間早い”世界一周を完結させた。

 JCB新テレビCM『地球を歩く』篇は15秒、30秒で6月27日より全国放送予定!

 ※関連記事
 ・嵐・二宮和也“植樹”の白いアンスリウム入り「JCBフラワーメッセージ」が27日より公開へ
 ・二宮和也 世界にひとつなものは「やっぱ嵐じゃないですか」とグループ愛

嵐・二宮和也 今年もJCBテレビCMに登場!「歩きながらのセリフは難しい~!」と苦戦も