J-POP 2015年06月13日17時00分

ネガティブとポジティブのあいだーー北海道出身の“歌う洋服屋”「奥 由李亜」


ネガティブとポジティブのあいだーー北海道出身の“歌う洋服屋”「奥 由李亜」

「奥由李亜」

 奥由李亜の楽曲『今を彷徨う鳥たち』が現在、話題の音楽サービス「Frekul(フリクル)」にて、期間限定で無料配信されている。

 “世の中の人々は我慢が多いように見える”という彼女。楽曲『今を彷徨う鳥たち』に対し「そんな世の中を“夜の中の森で鳥が迷子になり彷徨う”イメージを重ね合わて表現しました。間違いや正しさが見えなくなってるけども、感情に支配されずに、我慢せずにとりあえず歌って踊ろうという曲です」と、彼女は語る。

 上京後、東京文化服装学院に入学。デザインや製作を学びながら、モデル業やショーのリーダーを務めるなど、ファッションに携わる活動を行っていた。その経験から、舞台で表現することの楽しさを知った彼女は、2010年に音楽に目覚め、ゼロから学び始める。現在では、自身が産まれた街・北海道をテーマに”道産子の音楽と食を感じてもらう”イベント「音飯」の開催するなど、精力的にライブ活動も行っている。

 自らを「歌うお洋服屋さん」とし、「a Leirion」というグッズも販売する「奥 由李亜」。ネガティブとポジティブの紙一重な感情を歌にして毎日の記憶をつづったような彼女の音楽は、人々を魅了する。(津田 聖治)

 【奥 由李亜】
 北海道釧路市出身のシンガーソングライター。上京後、デザインやファッションを学びながらモデルなどを経て、2010年から音楽活動を開始。今年6月にはミニアルバムをリリース。CD・フライヤー・デザイン全てを自身で制作している。

 奥 由李亜 楽曲フリーダウンロードはこちら(Frekul)