アーティスト 2015年06月09日17時38分

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」


舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロが開催!

 特別公演『銀河英雄伝説 星々の軌跡』(演出:ヨリコジュン)ゲネプロが9日、東京・Zeppブルーシアター六本木で開かれロックバンド『LUNA SEA』のボーカルで俳優・河村隆一(45)、間宮祥太朗(21)、渡辺裕之(59)、中川晃教(32)、貴水博之(46)らが熱いドラマを展開した。

 作家・田中芳樹氏による累計1500万部の売上を誇るベストセラー『銀河英雄伝説』。2011年、約四半世紀を経て舞台化され、14年3月の『第四章後篇 激突』で幕を下ろした人気作品が再び舞台に登場する。自由惑星同盟の“不敗の魔術師”主人公ヤン・ウェンリーを河村が、銀河帝国の“常勝の天才”ラインハルト・フォン・ローエングラム役は間宮が変わらずのキャスティングで演じることとなる。

 【囲み会見の詳報はコチラ!河村隆一“貰った”発言に「聞き捨てならない」!「銀河英雄伝説」愛が爆発

 舞台はキャスト陣がキャラクターの性格をつかみ演じているのはもちろんのこと、その演出方法なども、さらに進化を遂げた。ゲネプロ前の囲み会見で河村が話していたとおり、「映像音楽、芝居のリンクをスピーディーにやって成功すればかなりおもしろいと思います」との言葉通り、速さがリズムを生み、観る者を飽きさせず、『銀河英雄伝説』の物語に引きこんでくれる。

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」

 

 会見では貴水が「歌うかも(笑)」と、報道陣に即興で長いブレスを披露もしていたが、その“予告”通り、グッと感情が乗ってくるシーンに歌が入り、キャラクターたちの心情をさらに深く知ることができるものとなっている。

 作品へは、間宮は「初日を前に喜びをいまは感じているところでして、映像とかもパワーアップしているので、確信を持っている」と自信を見せると、中川も「ブルーマンシアターが宇宙になるんです!」と言ったとおり、スペースオペラの中に自分がいるような気分で楽しめる作品に仕上がりを見せた。

 特別公演『銀河英雄伝説 星々の軌跡』は10日から21日まで全16公演!

 ■STORY
 1500年後の未来――人類は宇宙に進出し、独裁政権である『銀河帝国』、民主主義をかかげる『自由惑星同盟』が150年にも渡る戦争をつづけていた。全宇宙の運命は、銀河帝国のラインハルト・フォン・ローエングラム(間宮)と、自由惑星同盟のヤン・ウェンリー(河村)、2人の天才が登場したことで大きく動きはじめる。

 2人がはじめて相見えたアスターテ星域の会戦――ヤンのイゼルローン要塞攻略――ラインハルトの帝国統一――幾度もの戦火をまじえながら、決着の瞬間が迫っていることを誰もが予感していた。そして、第3勢力フェザーンが動きはじめたとき、運命の歯車は大きくまわりはじめる。ヤン不在のイゼルローン要塞を衝かれた“要塞対要塞”の激戦は、その前夜にすぎなかったのだ。

 盟友の死を乗り越え、宇宙を手に入れるという誓いを新たにするラインハルト、好敵手に奇妙な友情を感じながらもその挑戦を受け入れざるをえないヤン。

 いま火蓋が切って落とされる、銀河帝国による空前の大攻勢・作戦『神々の黄昏』……忠誠、野心、信頼、欲望、さまざまな思いを胸に秘め、英雄たちは最後の直接対決を迎える。

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」

舞台「銀河英雄伝説 星々の軌跡」ゲネプロ!河村隆一 演出は「成功すればかなりおもしろい」