俳優・女優 2015年05月24日20時05分

真矢ミキ 第1回「WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS」受賞!熱い思いを語る


真矢ミキ 第1回「WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS」受賞!熱い思いを語る

真矢ミキ 第1回「WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS」を受賞!

 元『宝塚歌劇団』花組男役トップスターで女優・真矢ミキ(51)が23日、東京・六本木のミッドタウン内で開かれた『第一回 WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS』授賞式に出席した。

 『WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS』は将来の女性のロールモデルになり次世代へそのスピリッツを伝えたい女性を表彰するために、日経BP社が創設した賞。真矢はスペシャリスト部門を受賞した。

 真矢の前に受賞したBTジャパン代表取締役で女性初の経団連副議長に就任予定の吉田晴乃氏の言葉を引き合いに、「経済界と芸能界というまったく世界が違いますが、切磋琢磨して、目の前のことを一生懸命やってきた方はエネルギーがあるものだと感じています。(受賞トロフィーは)芸能界の中でお預かりさせて頂くという気持ちです。頑張る目標が積み上がっておりますが、あしたの励みになると思います」と、あいさつした。

真矢ミキ 第1回「WOMEN OF EXCELLENCE AWARDS」受賞!熱い思いを語る

 

 トークでは、仕事をする上でのモチベーションは何かと問われると、「いま『ビリギャル』がはやっていますけど、私は転勤族で劣等生発なので、英才教育を受けずに宝塚に入ったので、そういう劣等感の塊というのが、ある日、ポーンと賞をもらったりとか、劣等生としたところの視野から見えるものとかが、割と突き進ませてくれるモチベーションになっています」と、自身の人生を振り返りつつ、優越感は持つことはあるのかと問うと、「すぐに誰かに鼻をポキっとやられるとか、下手な思いをする感覚が分かるので、あえてそこには触らないぞというところがあります」と、気をつけているそうだ。

 現在、真矢は、朝の情報番組『白熱ライブ ビビット』(TBS系、月~金曜・午前8時~)にレギュラー出演しているが、実は、真矢なりの挑戦だったそうで、「私は独学から来たので、しっかり演技を勉強したわけでもなく、いつかちゃんと勉強したいなと去年から思いまして、遅すぎる本業への考え方かもしれませんけど、飛躍したい、もっと真剣にその人を演じてみたいと思ったんです。思った年が吉日ではないですけど、まずは遠回りしてみようって。回って情報番組をやりませんかと言われた時に、いままでなら『役者を頑張りたい』という道にそれはなかったんですけど、回り道してみたら、本業の枠組みが見えてくるんじゃないかって。いま0年生という気持ちですが、こんなにまだスポンジのように吸収できるんだという自分に驚いています。いろんな方向性から入っていくのも1つじゃなかと思っています」と、熱い思いを口にした。

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」

 

 囲み会見では、「こういう賞をもらえると励みになります。嬉しいです」と、満面の笑み。

 情報番組に出演するようになって、報道陣への見方も変わったそうで、「大変だなと思いましたね。この囲み会見に立つのは何聞かれるのというプレッシャーがあったんですけど、立ち方が変わったんです。非常にありがたいなって思っていて。番宣でドラマの方や映画の方がスタジオに来ますけど、意欲に燃えた人は応援したくなりますし、普通に引っ張ってみたいな人は『あなたのために宣伝したいと思ってるんだよ!来いよ!!』って思います。私の仕事もいろんな角度から見れます。次に戻った時に、私はどんな感じで立ってるのかなって思っています」と、役者としての経験値になり、報道陣へ向けても「本当にいろんな方に感謝しています!」と、お礼の言葉を述べていた。

 ちなみに、そんな真矢からニュースは発信されることはあるのかと問うと、残念ながらないそうだが「今洋服を着ていますけど、裸になって私にできることは開眼したところなので、何でも来てみたいなところがあります!」と、心構えを。すると記者から、「ヌード写真集を出す気なんですか?」との質問が飛び、「なんでそうなっちゃうんですか?」と言いつつ、笑いながら「でも、そういうの嫌いじゃない。それはないですけど、言われているうちが華かなって」と、爽やかな返しで報道陣を沸かせていた。

 また、報道陣からは名前を改名真矢みきから真矢ミキに改名した意図への質問もあったが、「すごく意図があって変えたわけではなくて、別に名前はすごく意図があって変えたわけではなく、ひらがなの真矢みきで頑張ってきたんだから、この文字面がいいはずと思っていたんですけど、最近そういうのが取っ払われてて。それこそ、『流れに』とか『水のごとく』というか自然体に任せる余裕というか、挑戦する余裕が出てきて。年は重ねたら重ねたで楽しみができるものだなって」と、話していた。

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」

真矢ミキ

元宝塚・真矢ミキへなぜかヌード写真集質問!「そういうの嫌いじゃない」