SMAP 2015年05月10日00時02分

SMAP中居正広の父・正志さん2月に亡くなっていた…中居自身から闘病エピソードを切々


 人気アイドルグループ『SMAP』中居正広(42)の父・正志さんが今年2月19日に亡くなっていたことが9日、分かった。中居が同日パーソナリティーを務めるラジオ番組『中居正広のSome girl’ SMAP』(ニッポン放送、土曜・午後11時~)で発表した。79歳だった。

 中居は1曲挟んだ後の番組の中盤、「みなさまに言わなければならないことがありまして、もうだいぶ落ち着きましたので、この時期なんじゃないかと思い、勝手にこの時期を選ばせて頂きました」と、切り出す。

 「私、個人的なことですけれども、真面目な話ですね、2月の19日に私のお父様が亡くなりました。享年79、4月2日で80(歳)だったんですけど、80を前に亡くなりました。四十九日も4月8日に終わって、いろいろタイミングを見計らいながらと思っていたらこの時期になってしまいました。もうお葬式も密葬で、家族だけ、親族だけ、50~60人いたかな。四十九日も滞りなく終わりました」と、明かした。

 正志さんについて、2013年2月に肺がんが見つかったそうで、「(その年の)3月12日の手術で肺の片方を全摘出しました。手術は7時間くらいだったのかな。そのとき管だらけで。なんだこれ、こんなに大きいのかって。『パパ、パパ、ひろちゃんだけど分かる?』って聞いたら、麻酔だったのか『あー』って。それは1、2週間で退院したんですけど、その年の秋にリンパに転移をして放射線治療というのを1週間に6日、6、7週間やって。それも治りました。去年ハワイに行った時かな、5月か6月。その前に、喉頭がんがまた転移したとなって、その2、3日前かな、お父さんが行かないと言い出して。『親父が行かないなら俺ら行ってもしょうがないから』と言って、違う病院で診てもらったら『あしたあさって亡くなるわけではないので』と言ってもらってハワイに行った。2日間元気で、2日連続でゴルフも行って、プールも行って。パパと2人部屋で、お酒も飲んじゃいけないのに飲んで。朝定食とかもバルコニーで食べて」

 「8月に手術したんです。9、10、11月3ヶ月くらい入院していたのかな、飲まず、食わず、しゃべれずを100日間。これはつらかったねぇ。もうなんにもやってあげられないからさ、2、3日に1回くらいだったからさ。水を飲めるようになるまで3、4回手術しているんです。食べてないからさ、80キロ近くあったのが50キロ台になって40キロ台になって。1回、お茶を飲む許可が出たんですけど、その後、ストップが出て。そうしたらお父さんが筆談で『もういい』って。食べれるようになったら食べたいもののリストを作っていて、全部オレが仕切ってやるからって言って。親父の好きなもの全部、朝から晩まで食べさせてやるからって言って。もう1回、5回目の手術をして。そうしたら、水を飲めるようになって、その4、5日したら退院の目安が出て、それが12月かな。お祝いだって言って、お寿司屋さんに行ったんです。やっぱ寿司だべ!って言って。でも、その夜か『もうしんどい』と言って病院に行って」

 「12月31日の紅白が終わって、朝6時半から7時くらいにメールで『苦しいから来てくれ』と言われて病院に行って。食事も食道が狭くなっているのか食べないんだよね。味覚もしなくなってきてるといって、体の半分がずっと痛いっていうんだよね。2月も何日か入院して退院してって。俺料理なんか本当にできないんだけど、『病院のメシがまずい』って言うの。よしもう作るしかないと思って、シチューと豚汁とからいスープがあって。まだそのとき1月で」

 中居は、約15分にわたって、正志さんとの闘病エピソードを語り続け、「この続きはまた来週お話しよっか」「これから、亡くなるまで、亡くなった後みたいなお話をさせて頂きたいと思います。もう僕、大丈夫だから」と、この日は結んでいた。