J-POP 2015年04月10日17時00分

鮮やかに走り抜ける平成生まれのジャズユニット「Nolph Lauren」


鮮やかなに走り抜ける平成生まれのジャズユニット「Nolph Lauren」

「Nolph Lauren」

 フレッシュで透明感のあるサウンドで爽やかな音楽を奏でるインストジャズバンド「Nolph Lauren」(ノルフローレン)。1991年生まれの2人は、若さ溢れる感性を含みながら、艶やかなジャズサウンドを鮮やかに聴かせてくれる。

 そんな彼らの楽曲『Royal Blue』が現在、話題の音楽サービス「Frekul(フリクル)」のサイトで期間限定で無料配信されている。

 掛け合うように奏でられる2人の演奏が、リスナーの気持ちを自然に高めてくれる『Royal Blue』。2人が作り出す知性を感じさせるジャズサウンドは、耳の中を軽やかでしなやかに走り抜けていく。プロモーションビデオには、“ミス中央大学コンテスト2013”で“ミスオブミス2013”のファイナリスト・西澤由夏さんが出演し話題になった楽曲だ。

 4ピースポップバンドで精力的に活動していた板橋洋輔と中島涼輔が、新たな試みとして結成された「Nolph Lauren」。ジャズだけでなく、クラシックやワルツなどのエッセンスも積極的に楽曲へ取り入れ、ジャズだけに留まらない表現で自分たちの音楽を探っている。

 イギリスのラジオ番組にも出演、ポルトガルのECサイトとのアフィリエイト契約、イタリアのレーベルへの楽曲提供など、海外からの注目も高い「Nolph Lauren」。キラキラとした旋律を奏でるピアノ・タイトでクールなドラムで魅せる彼らの音楽は、これからの世代にしか作り出せない“モダン・ジャズ”を生み出す。(津田 聖治)

 【Nolph Lauren】
 2013年に結成、板橋洋輔(Dr)と中島涼輔(Key)から構成される2ピースのインストジャズバンド。鮮やかに疾走する2人のジャズサウンドは、海外のオーディエンスからの評価が高く、イギリスのラジオ番組の出演も果たしている。

 Nolph Lauren 楽曲フリーダウンロードはこちら(Frekul)