グラドル 2015年04月03日19時10分

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信


中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

中村静香が5冊目となる写真集をリリース!

 女優でグラビアアイドルの中村静香(26)が3月29日、東京・福家書店新宿サブナード店で写真集『溢れるものが、止められなくなったのは、私のネジが馬鹿になったんだ。きっと。』(ワニブックス)発売記念イベントを開いた。

 中村5冊目となる写真集は2月にハワイで撮影。砂浜での水着、街中ではしゃぐ姿、プライベート感あふれる部屋着といったシチュエーションの中で、大人の色香を感じさせる姿が堪能できる作品となる。

 水色のワンピース姿で登場した中村。約1年半ぶりの写真集となり、「最近はDVDが続いていたので、写真集が出せるというのは嬉しかったです。なかなか紙業界も厳しいというのを聞いていたのでありがたいお話だなと思って」と、喜んでいたそう。

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

 

 本作では中村のこだわりが散りばめられているそうで、「1回の打ち合わせのはずが3回までに及んで、先方さんもすごいこだわりを持ってやったので、お互いかなり深い意見を言いあいながら、とってもいい雰囲気で撮影に臨めました」と、練り込んだそう。

 そのこだわりについては、「『私を見て!』って押し付けるような露出は嫌だなと思って、日常に見えた、ふとした瞬間に見えたドキッとするところとかを演出したかったので、自然に内側から出る女性の魅力というのを撮ってもらえたらと思いました。あとは、健康的というイメージを持ってもらっているので、ガラッと変わる印象になるような感じにしました」と、熱弁をふるう。

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

 

 写真集タイトルは抽象的でだいぶ長いものとなっているが、これについては中村も「分かんないですね。私の力量では抱えきれないくらいで」と、苦笑いを浮かべつつ、「見た目の露出の多さとかではなく、内側からあふれる感情を意識して撮影したので、このタイトルからみなさんが本を手に取る前に感じ取ってもらえれば」と、思いを語った。

 撮影は、「いままでにないくらいワガママを言わせてもらいました。それを先方さんも受け止めてくださって、撮影中もカメラのアングルを見ながら、『こういうアングルはどう?』とその都度、ベストショットを探りながらでした」と、明かし、「ですから、5冊目にして、とても満足いく作品ができたと思っています。前作とは180度違うと思います!」と、出来に自信を見せた。

 点数をつけるなら「99点です!残りの1点は、作品を見て満足したんですけど、もう3本ぐらいネジゆるめていいかなと(笑)。次に機会があるならもう3本ネジをゆるめる努力をしたい」と、意欲を燃やしていた。

 ちなみに、プライベートでネジのゆるんだ瞬間については、「撮影の最終日まで大好きなビールを2週間我慢していたんです。それで打ち上げのときに解禁して、左手にビール、右手にタン塩を持った時に幸せでネジがゆるみました(笑)」と、エピソードを明かし報道陣の笑いを誘っていた。

 写真集『溢れるものが、止められなくなったのは、私のネジが馬鹿になったんだ。きっと。』は3240円(税込)で好評発売中!

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

中村静香

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

 

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信

 

中村静香 5冊目の写真集撮影でワガママ!「前作とは180度違う」と自信