J-POP 2015年04月01日19時30分

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」


マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

ファミリー大集結!

 来年芸能生活50周年を迎える歌手・マイク眞木(70)が1日、都内で7月リリースのニューアルバムの報道陣向け公開レコーディングを行った。

 眞木の代名詞的曲「バラが咲いた」の作詞・作曲を手がけた故・浜口庫之助氏が遺した楽曲を受け継ぎ、アルバムとしてリリースするもの。

 この日のレコーディングには眞木を筆頭に、加奈子夫人、長女・花(13)、長男・蔵人(42)、次男・勇人、まり夫人、三男・泰人、四男・優人、孫のいずみ、かれん、ももか、りりか、ゆうのすけに、企画をオファーした浜口氏の妻・渚まゆみ(70)、娘・あんず、孫のアナベルから、眞木の前妻・前田美波里(66)まで総勢16人が集結。眞木ファミリーで名曲「バラが咲いた」をしっとりと歌い上げた。

 ファミリー総出での大合唱に、眞木は「まさか、こんな家族全員で歌えるとは…。参加できていない孫も3人ぐらいいるけどね。元家族まできてもらって楽しくこの歌を歌えて、きっとハマクラ(浜口)さんも喜んでいると思う」としみじみ。仕掛人となった渚も「もう、胸いっぱい。きのうもずっと泣いていた」と大感激。これに眞木は「大成功だね。目的のひとつが(渚)まゆみさんを泣かせることだったから。大人数でまゆみさんを泣かせようと思っていたよ。これもまゆみさんが企画をくれたおかげ」と感謝しきりだった。

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

孫に囲まれご満悦

 レコーディングからフォトセッションまで、眞木の隣には現妻の加奈子さん、さらにその横には元妻の前田が並ぶというあり得ない3ショットも披露したが、「うちはなぜか、今のかみさんと前のかみさんの仲が良くて、いつも行き来してワイワイやっている。だからきょうも自然な流れ。よく(あり得ないと)言われるが、うちらは全然平気。オレ抜きで(女2人で)酒呑んだりしているからね。全然構わないんだけどね」とケロリとしたもの。

「あさってから雪山へ(家族)みんなで行って、雪のあるうちにスキーをやったり、雪が消えたらバーベキューとか、夏は海とか、家族でしょっちゅうやっているよ」と大家族円満ぶりだった。

 最後は新アルバムについて、「久しぶりに制作しています。タイトルはまだ決まってないが、浜口先生の遺された曲を楽しくやっていきたい」とやる気満々にPRしていた。

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

 

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

マイク眞木

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

加奈子夫人

マイク眞木、現妻と元妻とのあり得ない3ショットに「え?そう?うちは全然構わないんだけどな」

前田美波里