俳優・女優 2015年01月02日19時18分

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判


高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

高島礼子が「春日局」で母の愛を表現

 女優・高島礼子(50)、一路真輝(49)、大空眞弓(74)、俳優・西郷輝彦(67)、加藤清史郎(13)が2日、東京・明治座の新春特別公演『春日局』(演出:石井ふく子)初日舞台を上演後、石井氏(88)とともに囲み会見を開いた。

 1989年に脚本家・橋田壽賀子氏が手がけた女優・大原麗子さん主演のNHK大河ドラマ『春日局』が、石井氏演出で明治座の舞台では初上演。舞台は江戸時代初期。後に江戸幕府三代目将軍・徳川家光となる竹千代君の乳母となった後の春日局・おふく(高島)と、竹千代君の実母で二代将軍秀忠の正妻でありながら自らの手で我が子を育てることを許されなかったお江与(一路)を軸に物語が展開する。竹千代君の成長を通して天下や和平のために犠牲を払ってでも前に進もうとする力強い女性たちの姿が描かれる。

 劇中のラストシーンとなる桜舞い散る園のセットをバックに会見へ。初日を終えて高島は、「12月31日、1月1日がお休みだったので、みんないい緊張感がありました」と、2日ぶりの顔合わせで独特の緊張感があったのだとか。

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

 

 けいこはどうだったかと振ると、高島は「私、舞台の経験があまりなので、みなさんにご苦労を掛けたという部分を置いておくと、やることなすことが新鮮で、こんなことをさせて頂けるというので苦労でしたけど楽しゅうございました」と、笑み。一方の一路は、「高島さんとは(2012年の舞台)『女たちの忠臣蔵』でご一緒させて頂いて2度目なんですが、今回、目つきとか雰囲気とか空気がピリッとされてて、けいこ場に行ってビックリしました。私自身も刺激になりました」と、実感を語った。

 そんな高島を見ながら、徳川家康を演じる西郷は、「とにかく女優さんが綺麗なので楽しいなって。初回と違って、やっぱり座長がしっかり背負ってるなというので、体に気を付けてほしい」というと、大空も「礼子ちゃん頑張ってる」と、認めていた。

 ほかにも、大みそかや元日はどう過ごしていたかと質問が飛ぶと、高島は「何もしなくて、テレビを観てました。セリフを何回も言ってみたり、ひたすら舞台を照準に合わせようとする自分と生活で違いました」と、心中は舞台のためにおだやかではないと苦笑い。

 ちなみに、本公演も観劇していた夫で俳優の高知東生(50)からはなにか感想はあったかと問われると、「まだ、会ってないです。携帯とかも切ってて、途中で何かメッセージをもらうと怖いので、家に帰ってから語ります(苦笑)。でも、お正月一緒にいて私が緊張している姿を見ているし、何回も来てくれると思うので、それから聞いてもいいかな」と、相変わらずの仲の良さを見せていた。

 最後に高島から、「春日局も実在した人物ですから、ドラマに脚色したので昔にこういう方がいたというのを、感じてもらえれば。世代を超えて観てもらえれば」と、PRしていた舞台『春日局』は23日まで東京・明治座にて!

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

高島礼子

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

 

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

一路真輝

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

 

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

大空眞弓

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

西郷輝彦

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

加藤清史郎

高島礼子の成長に一路真輝ビックリ!舞台「春日局」に西郷輝彦らも太鼓判

石井ふく子