お笑い 2012年03月27日16時00分

有吉弘行 地元・広島県の“おしい!”委員長に!AKBあっちゃんにエール


oshii_03

委員長・有吉(右)と秘書・杉原

 お笑いタレント・有吉弘行(37)が27日、都内・池袋のサンシャインシティ噴水広場で行われた『おしい!広島県』新観光プロモーション記者発表会にグラビアアイドル・杉原杏璃(29)らとともに出席した。

 豊富な観光資源があるにもかかわらず、全国にあまり知られていない広島県の現状を打破すべく、有吉が委員長、杉原が秘書となり、『広島県おしい!』委員会を立ち上げ。きょう27日より、特設ウェブサイト(http://www.oc-h.jp)などで、1年間大規模な観光キャンペーンが行われる。

 広島出身である委員長の有吉、秘書の杉原がともにスーツ姿で登壇すると、場内は拍手喝采! 有吉は、「広島はいいものがたくさんあるけど、まあ、知られていない。広島の人は怒るかもしれないけど、“おしい”は“おいしい”の一歩手前だということをわかっていただきたい」と、今回の趣旨を語る。

 杉原も大胆に開いた胸元から自慢の巨乳の谷間を見せながら、「広島の名産やいいところを知ってもらいたい。まだサポートできてないけど、1年間しっかりやれたら」と、セクシーにアピール。

 その後は、『おしい!広島県』のプロモーション映像が流れ、有吉と杉原が広島県のおしい部分を特大パネルを使って説明した。
oshii_08

 委員長に選ばれたことについて、有吉は「なぜ僕なんだと思った。トラブルを起こしそうな可能性が高いのに、選んでもらえたので、頑張りたい。奥田民生さんや矢沢永吉さんもいるのに、僕が一番使い勝手がよかったのでは。言われたことはなんでもやるので」と、同郷の大先輩の名前を挙げながら恐縮。

 今後、やってみたいことについては、「個人的に広島に呼んでもらうことが多くなると思うので、飲み歩きたい。新幹線代もバカにならないので、呼んでいただけるとありがたいです。僕はなでしこジャパンで有名になった熊野筆のところの出身なので、アピールしていきたい」と、郷土愛を語った。

 報道陣から「広島県知事に立候補も?」と質問が飛び、「願わくば」と色気を見せるも、「いっさい考えておりませんけど、何か力になれれば」と、すぐさま否定。

oshii_02

左から杉原、有吉、湯崎広島県知事、平松氏

 『AKB48』の“あっちゃん”こと前田敦子(20、チームA)が、同グループを卒業することを発表したことについては、「おしいですね。同じ事務所の後輩ですけど、当然何も知りませんでした。本人が決めたことだから、応援したい」とエールを。

 さらに『オセロ』中島知子(40)と同居していた女性占い師がテレビ出演したことについて聞かれるも、「もう解決したんでしょ? あまりそのへん触らないように気をつけてます」と深入りはせず。

 最後にライバルは「広島以外すべて」とし、「みなさん、頑張るけえ応援してね!」と広島弁で意気込んだ。
oshii_01

 イベントには、湯崎英彦広島県知事(46)、平松邦夫前大阪市市長(63)も登壇し、お互いがお好み焼きのメッカだけに、トークバトルを展開。杉原が「ただキャベツが挟まっているだけじゃなく、ヘラで水分を押し潰すんです」と、広島のお好み焼きを援護射撃するも、平松氏は「大阪の人に『関西風お好み焼きにしなければいけなくなった』と言えば、おそらく黙っていないと思う。このキャスティング自体がおしい」と本家・お好み焼きは譲らなかった。

 その他、『広島県おしい!委員会』メンバーには、地元出身の『安田大サーカス』のクロちゃん(35)、西城秀樹(56)、獣神サンダー・ライガー、城みちる(65)、達川光男(56)、『天津』の向清太朗(32)、『さくら学院』の中元すず香(14)、『フリータイム』、山本浩二(65)が名を連ねている。

 

 

oshii_11

有吉弘行

oshii_05

有吉弘行

oshii_07

杉原杏璃

oshii_10

湯崎英彦広島県知事

oshii_09

平松邦夫前大阪市市長

oshii_06

ガッチリ握手

oshii_12

囲み会見の模様