ジャニーズ 2014年09月26日21時37分

NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】


NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】

舞台『フレンド―今夜此処での一と殷盛り―』ゲネプロ

 「増田貴久 座長として引っ張る!「NEWSのときは引っ張ってもらう(苦笑)」【囲み会見全文・前編】」より

 報道:舞台を通して学んだことは?
 増田貴久:横内さんに演出してもらうというのが不思議な感じです。『もうちょっとこうしたほうがいいよ』というのか、魔法にかけられたような感じで、そっちの方向に行ってしまうんですけど、自然にそっちの方に行くというか。こんな演出家いたら好きになっちゃうなと。
 報道:これも好きになっちゃうんですね!
 増田:そうなんです。秋ちゃん(秋子)を椅子に座らせるすわシーンがあるんですけど、肩触ったりとか、こういう風に手を置いたほうがいいというので、横内さんが置いた姿が超カッコよくて、秋ちゃんもキューンってしてるし。ダンディな男の色気と、落ち着きと、演出もすごい素敵だなと思って。
 報道:じゃあ、この公演が終わる頃には、男としての色気も増しちゃいますね。
 増田:(色気が)出ちゃいますね(笑)
 遠藤要:出ちゃい…ますね(笑)。まっすー(増田)は、前の舞台では喜弘とは真逆の役をやっていたんですよね。そうしたらドンドン変わっていっちゃって、周りからも、『性格悪い』と言われたりしてたんです。でも、今回、こんなにいい人いるのかなというくらいなんで、だから、普段演技に引っ張られているんじゃないかなって。
 増田:もともといい人なんです(笑)。でも、プライベートと役は引っ張られてないと思っていたんですけど、結構引っ張られているらしくて、今回、この舞台の稽古に入る前から、『まっすーこの舞台やったらいい人になるんじゃない?』と言ってたんです。そうしたら、なんか毎日ハッピーに過ごさせてもらっています。
 報道:じゃあ遠藤さんはこの舞台が終わった後は…。
 遠藤:これ終わったら破天荒になっているんじゃないですかね(笑)

NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】

 

 報道:佐津川さんは役を演じてみて学ぶことは?
 佐津川愛美:稽古を通してみて、みんなでつくり上げることがあらためていいなというのがあって、みんなが1つのものに向かうというのは、作品を良くするために、みんなが一致団結している感じがいいなと思いました。この2人(増田と遠藤)が仲良しなので、それに普通に私達も便乗させてもらっている感じです。ただ、この2人の話なんですけど、この前、稽古場に虫が入ってきたんですよ。そうしたら、まっすんが騒いで逃げまくっていて、これはみんなを楽しませるためにやってるのかなと思ったら本気で逃げていて、最終的に、かなめん(遠藤)も逃げていて、最終的に2人で抱き合っていたので…、だからたぶん、そんな感じで同じ気持ちを感じているんだろうと。
 報道:2人が抱き合っている感じ…、気持ち悪いような…。
 遠藤:何がですか(笑)?
 報道:虫は2人とも嫌い。でも2人は大好き?
 遠藤:大っ嫌いだよ、大っ嫌いだよ…。大好き!って、モーニング娘。だよ。

 報道:こういうチームワークの中で作品に取り組めるというのはいかがですか?
 横内:僕はこんなにいいキャスティングはなかなかないと思います。僕は本当に何もすることなく、作品説明すれば、彼らが自然にその役をつかんでいきいきとやってくれる。とくに増田さんは少年ぐらいのときに、テレビドラマで一緒になったことがあるんです。そのときは、坊やみたいな、さわやかな少年という感じだったんです。それで、今回この役は優しくていい人の役だけど、誰よりも強い男なんです。中原中也の方がよっぽど女々しくて、泣き言を言い、世を儚んで死んでいってしまうんですけど、その意志を引き継いで中原中也を有名にした男ですから、誰よりも男っぽいんですけど、その大人の男を増田くんが、すごくしっかり演じてくれるのが頼もしいです。本当は中原中也は小さな人だったんですが、ドラマ上は中原くんを励まし、有名にした男の役。男らしく演じてくれているのでいいなと思っています。佐津川さんが彼に惚れるという役なのは、それは無理なくできていると思うのですが、いかがですか?
 増田:そうじゃなかったら、この1ヶ月えらいことになりますよ(笑)。
 報道:横内さんはそうおっしゃられてますが?
 増田:嬉しいですね。稽古も1ヶ月やらせて頂きましたが、横内さんが、1ヶ月作ってきたものを信じて、毎回ちゃんとできるようにやろうと思っています。40回同じ公演ができるように、体調を管理して、この友情・愛情を伝えていけたら。青春群像劇です。

NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】

 

 報道:男らしくなったら、舞台以外では誰か支える?
 増田:舞台以外?とりあえず舞台だけです!本当は支えてもらうタイプなんで。

 報道:舞台の活動はNEWSに影響ありますか?
 増田:いままではなかったんですが、今回楽屋にNEWSの3人から大きな花が届いてて、今回初めてだったんです。これまでなくて、メンバーはこれまで来なかったりしたのですが、今回は来そうだなと。舞台やるということは伝えてあります。あと、1人で経験させてもらったことは、普通に1人の男として、成長して帰れたら。

 報道:少し気が早いですが、嵐が先日15周年のコンサートして、NEWSさんは去年10周年。それで15周年に向けてやりたいこととかありますか?
 増田:いまみんな、ライブやりたい熱が強くて、『ライブやりたい!ライブやりたい!』と言ってます。
 報道:嵐のハワイコンサートは行かれましたか?
 増田:今回行けていないんです。すごい羨ましいです。僕らも負けないように追いつけるように頑張ります。

NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】

 

 報道:舞台でやったことを、何かライブで使えたりしますか?
 増田:リハーサルが終わった後に、僕らが作ってきたものがすべてだからということはあります。

 報道:最後にファンの方へメッセージを。
 増田:若者の多い舞台で青春群像劇ということで、中さんと喜弘の友情とか、愛情も深く描かれていて言葉の美しい素敵な舞台なので、1人でも多くの人に観てもらえたら。
 遠藤:この世の中で忘れがちな思いや何かを思い出させるような、感じさせられるような凄く熱い舞台だし、友達であるべきなのは、本当の友達はこうあるべきだというのを感じさせられる舞台なので、観に来て貰った人には感じてもらえたら、すごく嬉しいです。
 佐津川:とにかく素敵なセリフがたくさんあるので、私も言葉を大事に演じていきたいです。何か感じるもがあれば嬉しいなと思います。みんなで頑張りますので観に来て頂ければ。

 舞台『フレンド―今夜此処での一と殷盛り(こんやここでのひとさかり)―』は9月26日から10月19日まで東京グローブ座にて、11月4~9日まで大阪・シアター・ドラマシティにて上演!

NEWS増田 舞台後は色気アップ!?役に引っ張られること告白【囲み会見全文・後編】

 

 ■出演
 増田貴久、佐津川愛美、菅原永二、内田亜希子、高木稟、松本亮、仲原三千代、遠藤要、鈴木ハルニ、永島敬三、丸山港都、後藤剛範、加藤岳史

 ■STORY
 舞台は東京・渋谷の居酒屋「フレンド」。気立てのよい旦那と女将が切り盛りするお店は、近所に住む常連客や文学に生きる青年たちが夜な夜な集い、時には熱く論じ合う場所。そんな常連客の一人・中原中也(遠藤)は、文学に猪突猛進、かつ破天荒な性格でしばしば揉め事を起こすが、ただ一人、中也を支え続ける親友・安原喜弘(増田)がいた。彼は中也の圧倒的な才能を信じ、その天才的な詩を世に出そうと奔走するが、やがて世の中がきな臭い方向に向かう中、いつしか心の中で愛する女性・宮地秋子(佐津川)の存在も大きくなっていく…。
 中也を思い、仲間を思い、愛する人を守りぬこうとする安原の選んだ道とは…?