俳優・女優 2012年03月18日11時15分

劇団四季創立俳優と70代同劇団メンバーが結婚していた


 劇団四季創立メンバーでベテラン俳優・日下武史(81)が同じ劇団四季の女優・木村不時子(73)と2010年に結婚していたことが17日、分かった。

 日下は、1953年に浅利慶太氏らと劇団四季を創立。一方の木村は67年に劇団四季に入団すると『ミュージカル異国の丘』や『この生命は誰のもの?』などに出演している。

 18日付の日刊スポーツがスクープしており、同紙の取材に応じた劇団四季関係者は結婚を認めたという。

 日下は長年病床にあった前妻の介護をしながら舞台を務めてきたが、09年に先立たれていたといい、木村は前妻も公認していた日下の友人とのこと。『赤毛のアン』の兄妹役など数多くの舞台で共演したほか、前妻の代わりに日下の日々の世話もしていたという。

 前妻の死から1年すぎたころのゴールインだったが、結婚は劇団内でもごく一部の人にしか知らされていなかったとしている。