俳優・女優 2014年06月26日19時09分

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」


小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

妊娠9ヶ月。三級前最後の仕事となった小森純

 現在、妊娠9ヶ月で、第一子出産のためにこの仕事の後、産休に入るタレントの小森純(28)とものまねメイクで人気のざわちん(21)が4月15日、東京・アメーバスタジオで行われた小森プロデュースのつけまつ毛ブランド『EYEMAZING(アイメイジング)』と中高生向け自撮り&コスメの写真を共有して可愛い盛りカワメイクメイクを研究しようというメイク投稿アプリ「メイクme by Candy」のコラボ企画に登場した。

 第一子の性別は男の子だが、将来について、「芸能界デビューはありえない。絶対ダメ。億パーセントありません。ブログへの登場もない」と、キッパリ。小森自身も芸能界にいたことを伏せるそうで、復帰時期について、「すぐには全然考えてないです。説得力あるおばさんになって戻りたい。超うるさいと思う。他人事にチョー口出すと思う」と、「おばさん」と呼ばれる年齢まで、しばらくは子育てに専念するという。

 大きなお腹に手を添えてハイヒールで登場した小森。報道陣から、「ハイヒールは大丈夫ですか?」と、心配されると、「いまだけ。普段は絶対はかないもん。今日だって迷ったんだもん」と、あくまでも仕事用と。

 お腹の中のお子さんは順調で、「元気に育ってくれています。(おなかが)目立ってますよね、私もびっくり!」と、幸せそうな笑顔でおなかに手を置く小森。この日が産休前最後の仕事となったが、「仕事としては今日が最後。産休、産休~!ヤベー、何しよう。自由に過ごそうかなと思っています」と、いつも通りのハイテンショントーク。

 一時、「離婚危機」も叫ばれていた小森夫妻だが、「自分の親にも離婚すると思ったと言われたけど、意外とないんですよね。仲いいと思うよ多分」と、今はラブラブで、夫の元モデルでアパレル経営者の今井諒氏(28)も協力的だという。「びっくりするほど優しい。逆子ちゃんなので、私が、すごいカッコしながら逆子体操やっていると、『苦しいの分かっているから。見ているだけだと罪悪感がある』といって、一緒にやってくれたり、『頭、こっちだよ』と、声かけてくれる」と、幸せそうに語った。

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

 小森は、先輩ママたちから、「子供が出来たら旦那さんは変わるよ」と、アドバイス受けていたそうで、「本当に変わるんだなと思って。離婚なんて全く考えてない。息子のためにも旦那のためにも」というと、「もし(離婚)したときには、ココ使われるんだろうなぁ~」と、ぶっちゃけトークたで笑いを取りつつ、「今はない。先はわかんないですけど。いまのところは一切考えてない」と、真面目に語った。

 出産予定は6月で、「もしかしたら帝王切開になったら5月末に早まる」という。性別は男の子で、「旦那は『男の子がいい』とずっと言ってたから、嬉しそうに泣きそうになりながら聞いてました」と、微笑ましいエピソードを。名前は、旦那さんが決めているそうで、「私は元気君、太陽君がいいんですが、『(小森)純で(今井)諒だから息子も一文字にしたい』といっています」と、1文字にこだわるようだ。

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

「産休、産休~!ヤベー、何しよう」とハイテンションの小森純

 将来について、「芸能界デビュー?」と聴かれると、「ありえない。絶対ダメ。億パーセントありません。ブログへの登場もない」と、キッパリ。その理由は、旦那さんが、「純を見てて、芸能界って苦しそうだから、息子にそういう思いさせたくない」と、言ったというと、いろいろな騒動が報道陣の頭をよぎり、笑いが起きる。

 小森自身は、「マー君(アメリカ大リーグ『ニューヨークヤンキース』の田中将大投手)になってほしい。超カッコよくなーい?マー君みたいな息子になったら最高だよね。スポーツ選手になってほしい。野球でもサッカーでもいいけど、スポーツいっぱいできる人になってほしい」と、両親とはまるで違う道を薦めるようだ。

 小森は、「なりたいものになってもらっていいし、やんちゃでもいいけど、ヤンキーにはならないでほしい。自分がヤンキーだったからイヤなんだよね、親に対して後悔ばっかりの人生になってしまう。うちみたいな人生は歩んでほしくない」と、人生の先輩として固く忠告していくことを誓った。

 小森自身も芸能界にいたことを伏せるという。「(自身が)テレビに出ていたとか、雑誌に出ていたということも隠しておきたい。だって、嫌じゃない、こんなママ。恥ずかしいし、『ママが雑誌出てたんだよ』と言ってもどういう目で見られるかわからない。イジメとかないと思うけど、『オマエのママ芸能人だったんだろ』と言われるのもヤダし」と、子供の育つ環境を考えているようだ。それでも、「バレたらバレたですけど、バレるまでは隠しておきます。普通に育てたいんです。ごくごく普通の家庭。裕福でもなく普通に。貧乏を知っている子になってほしいです」と、力を込める。

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

出産後の早期、芸能界復帰を否定

 産休というから、他の芸能人のように、出産後数ヶ月から半年で復帰するのかと思っていた報道陣。だから、「子供にすぐバレるのでは?」との疑問も出たのだが、小森は復帰について、「すぐには全然考えてないです。おばさんになってからがいいよね。説得力あるおばさんになって戻りたい。超うるさいと思う。他人事にチョー口出すと思う」と、「おばさん」と呼ばれる年齢まで、しばらくは子育てに専念するようだ。

 2人目について、「考えてます。すぐにいっちゃいたいけど、生まれてみないと状況、環境が変わるので」と、まずは一人目を無事に出産することと言う。将来的には、「3人ほしい。昔、帝王切開すると2人までしか産めないと聞いていたので、2人かと諦めていたんですけど、いまは3人産めるんですって。3人ほしいから頑張るよ。女の子でも男の子でもどっちでもいいかな。元気なら」と、待ち遠しそうにに言う。

 小森は、「だから、ビッグダディがわかんないのよ」と、突然、自ら切り出すと、「人の家庭なのでどうでもいいんですけど」と、前置きしつつ、「再婚でしょ、5度目でしょ?子どもも。あれはわかんないわ、ほんとわかんないわ。マジで感覚がわからない」と、「わからない」を連発。

 どこが一番わからないかと言うと、「子供だよ」と、子供を身ごもり、母親としての自覚が芽生え、いろいろと「おかしい」と思ったようで、「すごい不思議。お金ってどうしてるんだろう?認知してないのかなぁ?子どもとどういう関係なのかな?って思ってしまう。血がつながっていな子どもも何人かいるということでしょ?」と、次から次へと疑問を報道陣に投げかけた。

 さらに、ダディの再婚について元妻でタレントの美奈子(31)がブログでコメントを出したことにも言及し、「元旦那でしょ。連絡とってなかったんでしょ。でもコメント出すんだなと、びっくりした。元カレのことなんかどうでもいいでしょ。私ならスルーするから」と、まくしたてるなど、芸能界復帰したときの「説得力あるチョー口うるさいおばさん」という姿を何となく想像させた。

小森純がつけまつ毛をプロデュース!小森のマネメイクで登場したざわちんとのトークざわちん、「“つけエク”はまねメイクで重要」!小森純の「マスクの下は笑ってるの?」に爆笑

 

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

小森純(左)とざわちん(右)

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

つけまつ毛も“バッサバッサ”の時代からナチュラルへ

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

ナチュラルに見えるつけまつげをプロデュース

小森純、産休前最後でもハイテンショントーク炸裂!復帰時期は「説得力あるおばさんになった頃」

パッと見はもつけまつげをしているかわからない