俳優・女優 2014年06月05日21時15分

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」


堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

堀部圭亮らが難舞台への抱負などを語った

 俳優・堀部圭亮(48)、女優・若村麻由美(47)、麻実れい(64)が5日、東京・有楽町の日生劇場舞台『昔の日々』(演出:デヴィッド・ルヴォー)公開リハーサルを前にルヴォー氏とともに囲み会見を開いた。

 ノーベル文学賞受賞劇作家ハロルド・ピンター作。海辺の片田舎で静かに暮らすディーリー(堀部)とケイト(若村)をケイトの旧友・アナ(麻実)が訪ねてきたことから始まる。3人が会話を交わすことにより、三者三様の昔の記憶が蘇り、3人がときには起こらなかった記憶すら語りだすという「あいまいな記憶」がまざまざと提示される。その姿は観る者をも幻惑するという、スリリングな展開が楽しめる舞台だ。

 それぞれ舞台衣装で登場した3人とルヴォー氏。4月の製作会見の際(参照記事:http://newslounge.net/archives/124189)でも、稽古から相当に厳しいものになると口にしていた堀部は、「厳しいですけど高圧的というわけではなくて、いろんな例を出して伝えてくれる。自分がその中で一番感じやすいものを拾っていくというものになりました。そういう世間一般に言われる意味の厳しさと違うんです。確かに厳しいんですけど、すごく楽しかった」と、役者人生に相当な貴重な経験となったよう。

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

舞台セット

 10数年前にルヴォー氏の舞台に参加した若村と麻実も堀部のコメントをうなずきながら聞いており、若村が「より表現が豊かになっている」というと、麻実も、「前よりももっと大きくなって、ゆっくり粘り強く役作りを待っててくださる。最初始めた時は足元すら見えなかったものを、デヴィッドのおかげでモヤが晴れたような気持ちになった」と、絶賛で、それをルヴォー氏も通訳を通して照れくさげに聴く姿を見せることとなった。

 本作へ、堀部は「作品自体そうですけどまったく油断ならない。自分の持っているものを全部出さないとやれない。それで戦う日々でした。なんとかここまで辿り着いたという感じです」と、しみじみ。麻実も「何も考えずストーリーは何だろうということを受け取らずに自然体で観ていただきたいです。私にとっても分からなかったこの作品が、大好きになりました」と、感じるままというのがオススメだそう。

 若村も、そんな難しい舞台に、「こんな風に感じなきゃいけないということを決めつけずに、心を解き放って、自分の限界を設けずに観たら旅ができるんじゃないかと思っています」と話すと、ルヴォー氏も「リラックスしてください。本国でも難しいと言われていて本当に謎を描いているんです。開かれた心と好奇心を持てば作品は楽しめると思います。ジャズを聴きに来るような気持ちで来て頂ければ」と、PRしていた。

 舞台『昔の日々』は6月6~15日は東京・日生劇場で、6月19~22日には大阪のシアター・ドラマシティにて上演!

 ■舞台『昔の日々』詳細情報
 作:ハロルド・ピンター
 演出:デヴィッド・ルヴォー
 出演:堀部圭亮、若村麻由美、麻実れい

 企画制作:梅田芸術劇場
 協賛:日本生命保険相互会社
 主催:梅田芸術劇場 ぴあ

 ○東京公演
 日程:2014年6月6~15日(全12公演)
 会場:日生劇場
 チケット料金:S席・8000円、A席5000円(全席指定・税込)
 チケット一般発売:2014年4月19日
 問合せ:梅田芸術劇場 0570-077-039

 ○大阪公演
 日程:2014年6月19~22日(全5公演)
 会場:シアター・ドラマシティ
 チケット料金:S席・8000円(全席指定・税込)
 チケット一般販売:2014年4月19日
 問合せ:梅田芸術劇場 06-6377-3888

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

 

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

若村麻由美

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

 

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

麻実れい

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

 

堀部圭亮 難役を楽しむ!若村麻由美は「自分の限界を設けずに観て!」

デヴィッド・ルヴォー氏