J-POP 2014年05月20日17時00分

一筋縄なサウンドでは鳴らぬ「堪忍」−シンガーソングライター「堪忍」期間限定で楽曲無料ダウンロード可能に−


一筋縄なサウンドでは鳴らぬ「堪忍」−シンガーソングライター「堪忍」期間限定で楽曲無料ダウンロード可能に−

「堪忍」

 落語の演目の一つに『堪忍袋』というものがある。不満をぶちまけるために作った堪忍袋を中心にさまざまな出来事が起こり、最後はさまざまな人の喧嘩が溜まった袋の緒が切れてひっくり返り、いっぺんに飛び出すというオチ。

 今回紹介するシンガーソングライター「堪忍」のサウンドは、喧騒の代わりに彼の多彩な音楽趣向が詰まった“堪忍袋”がひっくり返って音となり飛び出すようだ。

 そんな楽曲『悪魔のファンタジー』が現在、アーティストとファンをダイレクトに繋ぐ音楽サービス「Frekul(フリクル)」のサイトで期間限定で無料配信されている。

 ファンクやエレクトロニカ、ポストロック、ヒップホップなど多種多様な音楽が詰まった至極の一曲。化学反応を起こし、見事に複数のジャンルが融合したこの楽曲には、彼の演奏もさることながら、編集・アレンジの巧さを感じる。東京事変「OSCA」のような転調や拍子がカッコ良く決まり、各パートがその巧みなリズムに切り込むように入る音は、聴いていてとても気持ちがいい。また、ハナレグミを彷彿させる伸びやかでウォーム、力強い声で歌われるリズミカルなメロディは、見事に楽器の一つとして存在感を示している。「ただの綺麗事でもなく、ただ絶望を描いて終わるのでもなくその先に『もう一歩』を探すために歌っています」と本人が言うように、キレイごとやニヒルなだけでもない独特の歌詞も魅力的だ。

 「The Beatlesや昭和ポップスを聞いて育った幼少期から、J-POPにハマり、ゲーム音楽にハマり、ファンク、プログレ、ワールドなど音楽の好みがみるみる広がっていった」というように、彼の音楽趣味はジャンルレスだ(浜崎あゆみの「how beautiful you are」をピアノ一本でカバーする動画がある。彼の歌声が堪能出来てオススメ)。2013年にはOKMusicで「悪魔のファンタジー」と「空とコーラ」がピックアップされ、Muzieではピックアップアーティストに選ばれた。また、ソロ活動以外にも、自身のバンド「nasu.」のフロントマン、オワリカラのフロントマン「タカハシヒョウリ」のソロ・ワーク「タカハシヒョウリとブルーたち」のベーシストとしても活動している。

 多彩な音楽背景から紡ぎだされる「堪忍」のサウンド。耳の中で、不思議なポップスがひっくり返る。(津田 聖治)

 【堪忍】
 埼玉、東京を中心に活動するシンガーソングライター。2011年に活動を開始し、ギターやPCを用いて、ただの弾き語りに留まらない多彩な音の世界、優しくも力強い歌声と、多様な音楽背景から紡ぎだされるバリエーション豊かな「ヘンテコポップス」は幅広い年齢層の支持を受けている。その他、「nasu.」のフロントマン、「オワリカラ」のフロントマン“タカハシヒョウリ”のソロ・ワーク「タカハシヒョウリとブルーたち」のベーシストとしても活動している。

 堪忍 楽曲無料ダウンロード(Frekul)