俳優・女優 2014年05月14日22時16分

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」


堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

30年前の真相が!

 タレント・堀ちえみ(47)が14日、都内で韓国映画「怪しい彼女」(監督:ファン・ドンヒョク/配給:CJ Entertainment Japan)の公開記念イベントにお笑いタレント・マキタスポーツ(44)とともに出席した。

 実は70歳のおばあちゃんが、中身はそのままハタチの”全盛期”の外見を取り戻し、その美声で人々に夢を与えていくという物語。クライマックスでは、彼女がかけがえのない家族の絆と愛情にあらためて気づく姿も描かれるが、堀は「母親の立場で観ると、70歳の心で息子に話しかけたりするお母さんの姿に心打たれた。世界中のお母さんに観てほしい」と熱烈PRした。

 この日はヒロインを務めた韓国女優シム・ウンギョン(19)も登場。作品では70歳の内面のまま、歯に衣着せない毒舌で”最凶の20歳”と評される主人公を快演しているが、「肩の力を抜いて楽しめる作品。ぜひ、家族や友人と手をつないで映画館に観にきてほしい」と役柄とは一転、あどけない笑顔でフレッシュにPR。そのギャップに、マキタスポーツが「あんな演技していた子に思えない。猫かぶってません?」、堀も「ハタチで70歳を演じるのは大変だったんじゃない?」などと興味津々。

 それにウンギョンは「ふだんはそういう(毒舌)ことはしない。映画のなかだからできた。自分が経験したことのない未来の年齢を演じるのには悩みましたが、撮影前から自分を”おばあちゃん”だと思いこんで、スタッフと台本のリーディングも何度にやった」とと振り返った。作中ではウンギョンが実は70歳のおばあちゃんという設定ならではの昭和テイストな歌謡にも挑戦。堀は自身の30年前を振り返り「ウンギョンさんのようにあんなに気持ちよさそうに歌えていたらいよかった」とヒロインを大絶賛していた。

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

ウンギョンにサプライズのバースデーケーキも

 また、作品にちなんで、”突然、ハタチ”をお題にトークを展開したかつてのアイドル・堀は、「ハタチに戻ってまたここまで生きるのかと思ったら、もうイヤ。人生、ここに来るまで長かった。いま楽しく過ごせているので、ハタチに戻りたくはない」と苦笑い。

 華の”82年組”としてデビューしたが、「あの時にデビューしたからいまの自分がある」としながらも、「当時のことは忙しすぎて、覚えていない。とにかく毎日睡眠2、3時間で眠かった。昔の映像を見ると眠そうな表情をしているので、もっとイキイキとやりたかった」と後悔の念も。報道陣やマキタスポーツの質問に導かれるまま「『スチュワーデス物語』のときも眠くて仕方がなかった。とにかく走り続けたので、ハタチで(アイドルを)辞めて、大阪に戻って毎日眠った。それだけ睡眠は大事」といまだから笑える衝撃エピソードのオンパレードだ。

 離婚騒動の渦中にある布川敏和(48)・つちやかおり(49)夫妻とは同期だが、「かおりちゃんを大事にしないと…」とため息をつきつつ、「時が解決したら、布川君に電話入れてみようかな。なので、なんの事情も知りません。まだ電話かけていないので、今度、電話します、”怪しい彼女”で…」と作品のPRも忘れていなかった。

 7月11日公開。

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

 

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

堀ちえみ

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

満面スマイルで登場

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

ハタチの頃の写真も

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

シム・ウンギョン

 

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

作中では”最凶のハタチ”

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

マキタスポーツ

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

優しく見守る堀

堀ちえみ、アイドル辞めたのは眠かったから!?同期の布川夫妻には「電話します、”怪しい彼女”で」

作品とのギャップがスゴい