俳優・女優 2014年05月14日20時26分

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」


永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

ハメ撮りや男体盛りにも挑戦

 俳優の永山絢斗(25)が14日、都内でWOWOW連続ドラマW『モザイクジャパン』[R15+指定相当]完成披露試写会に高橋一生(33)、ハマカワフミエ(28)らと登場した。

 意欲的な作品で話題を呼ぶWOWOWのドラマWからひときわ異彩を放つドラマが新たに放送される。R-15指定相当にレーティングされる『モザイクジャパン』は、故郷の町がまるごとAVの撮影現場になってしまった、というテーマで繰り広げられる物語。再就職を果たした主人公の会社は、オフィスのあちこちで撮影が行われ、気になる同僚の子も受付嬢も上司もれなく出演作が。再会した恩師はAV監督になっており、乗っている車に至っては“マジックミラー号”という底抜けに突き抜けた作品となっている。

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

連続ドラマW『モザイクジャパン』完成披露試写会

 登壇した永山は「いろいろ素直に話せるようにがんばります。(脚本を読み)こんなドラマがあっていいのかと思いました」と苦笑い。挑戦的な作品に演出を手がけた水田伸生は「脚本を読んだ時は“しまった”と思いました。初めてクランイン前日に“自信がない”と言いました。ほんとに難しかったです、このホンは。もうイヤだ」と笑いを誘った。

 印象に残っている場面を聞かれると永山は“男体盛り”をするシーンについて「いい経験になりました。もうたぶんすることはないでしょうし。マグロの頭がお腹の上にあるんですけど、冷たいやつをずーっと置かれてお腹を壊してしまいました」としみじみと語った。

 永山は「“ハメ撮り”をするというシーンがあるんですけど、寸前になってびっくりドキドキしました。なかなか難しくて。したこともないし」と再び苦笑い。ギラギラとした雰囲気をみなぎらせる社長を演じた高橋は「口移しでキスをしたりするんですけど、勢い余って絢斗くんにも口移ししてしまった」とアドリブを告白。永山は「ビックリしました。美味しいシャンパンになりました」と三度苦笑いした。

 最後に永山は「映像として完成したものを見ると改めて不思議な現場。僕も視聴者としてすごく楽しみにしているドラマができた。少しエッチだったりコメディだったりということもありますけど、世の中の凝り固まった核みたいなものをすり抜けて、爆弾を投下するような作品になったんじゃないかなと思います」と話した。

 『モザイクジャパン』は5月18日より放送開始。全5話。特設サイトhttp://www.wowow.co.jp/dramaw/mosaicjapan/

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

永山絢斗

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

高橋一生

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

ハマカワフミエ

永山絢斗、高橋一生にアドリブで口移しされる「美味しいシャンパンになりました(苦笑)」

水田伸生