声優 2014年03月06日14時38分

声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識


声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識

白石稔が生朗読で半沢直樹を演じた

 声優・白石稔が5日、都内で『第5回オーディオブックアワード』授賞式に出席した。

 『オーディオブックアワード』は、2010年より開催されているもの。音楽を聴くように、いつでもどこでも読書が楽しめる、約10万人の会員を擁するオーディオブックポータルサイト『Febe(フィービー)』のユーザー投票で、2013年2月から14年1月という年間でもっとも支持された作品を表彰するという式典となる。

 白石は『下町ロケット』や半沢直樹シリーズで知られる作家・池井戸潤さんの半沢シリーズ最新作『ロスジェネの逆襲』で半沢役を演じたことから、代表して登壇となった。

声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識

 

 司会から白石の紹介で「『涼宮ハルヒの憂鬱』の谷口役や『らき☆すた』の白石稔役で…」とアナウンスされると、なぜか場内が沸きつつ「コメントだけではもったいない」ということで一部を、アニメ『重戦機エルガイム』の主人公ダバ・マイロード役で知られる声優・平松広和が渡真利忍役を、ナレーションをサカウエ稔が務め生朗読することに。

 白石は「俺はやりたいようにやってきたし、今回もそうさせてもらう」「俺には俺のスタイルってものがある。組織に屈した人間には決して組織は変えられない」などの熱いセリフを連発。最後に、「俺は基本性善説だ。だが、やられったらやり返す!倍返しだ!!」と、叫び拍手を受けていた。

声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識

 

 スピーチで白石は、「いちファンとして、いち表現者として、このような素晴らしい作品に参加できたのを嬉しく思います。このセリフを皆さんの前で言うようにあると、たくさん聞いていただいたのは嬉しく思っています」と、感想を。ただし、本作の前に俳優・堺雅人(40)主演のドラマが先行していたことに、プレッシャーもあったそうで、「何度もドラマを見て、部分的には声を聴いたときにも、堺雅人さんの芝居のテイストがちょっとにじんでくればいいかなと思ってやらせていただきました。やっているうちにこんなに熱苦しくやっていんだろうかというくらいでした。でも、ドラマを観てる限り、我々も熱くやらなきゃなというので、競争意識みたいなものがあって、こっちでも負けないようにやりたいと思っていました」と、本作へかけた思いを熱弁していた。

 一方の平松も、「とても有名な作品に出させて頂いて嬉しく思います。ただ、ドラマの方が先行していましたので、ちょっとドラマのイメージが強すぎて、渡真利という役を掴みきれず苦労しました。それでも演じていく内に、とまりと半沢はが仲がいい奴なんだ、年取っても飲み合う仲間がいるのは幸せなことだなと思ってやっていました」と、苦労話を交えて思いを語っていた。

 ■関連記事
 ・井上喜久子 女子高生役を生朗読!アツコ先生・田中敦子と軽妙やりとり展開
 ・「海賊とよばれた男」がオーディオブック・オブ・ザ・イヤーに!百田尚樹氏受賞に「聴くと夢中に」

 ■受賞一覧
 ○優秀作品賞(文芸・ビジネスを問わず5作品)
 ・『統計学が最強の学問である』(著:西内啓)
 ・『世界の経営学者はいま何言を考えているのか』(著:入山章栄)
 ・『7つの習慣‐成功には原則があった!』(著:スティーブン・R・コヴィー)
 ・『雨と夢のあとに』(演劇集団キャラメルボックスの舞台をオーディオブック化)
 ・『桐島、部活やめるってよ』(著:朝井リョウ)

 ○企画賞(今年から創設された企画が面白いもの、理念が素晴らしいもの)
 『文芸あねもねR』(企画・出演:井上喜久子、田中敦子ほか)

 ○ビジネス部門大賞
 『スタンフォードの自分を変える教室』(著:ケリー・マクゴニガル/訳:神崎朗子)

 ○文芸部門大賞
 『ロスジェネの逆襲』(著:池井戸潤)

 ○第5回オーディオブック・オブ・ザ・イヤー
 『海賊とよばれた男』(著:百田尚樹)

声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識

平松広和

声優・白石稔 生朗読で半沢直樹演じ「倍返しだ!」先行したドラマの堺雅人を意識

サカウエ稔