未分類 2012年03月01日09時02分

AKB48仲川遥香 声が出づらくなる声帯結節を患い手術へ…少し不安はあります


 人気アイドルグループ『AKB48』メンバーで、派生ユニット『渡り廊下走り隊7』としても活動している“はるごん”仲川遥香(20、チームA)が、29日付の『渡り廊下走り隊』の公式ブログを通じ両声帯結節を患い、手術することを明かした。

 「お知らせ はるごんぶろぐ」とのタイトルで、掲載され、「前々から喉の調子が悪く手術を勧められていたのですが、この度手術を受けることにしました。両声帯結節というもので、声帯にこぶができて声が出づらくなってしまうのです」と、報告する仲川。

 手術については、「とても安全なものだとお医者様から言われています」というが、やはり喉にメスを入れることに、「少し不安はありますが、早く治してみなさんと歌ったり踊ったりしたい!」と、希望を述べる。

 ファンへ向けては、「少しの間お仕事はお休みするけどすぐに戻ってきますね!だから待ってて下さい」とつづっている。