お笑い 2014年02月11日17時48分

ノブコブ徳井のサイコぶりを相方・吉村が暴露!『ザ・フォロイング』の魅力PR


ノブコブ徳井のサイコぶりを相方・吉村が暴露!『ザ・フォロイング』の魅力PR

左から吉村、徳井

 お笑いコンビ『平成ノブシコブシ』が4日、都内・秋葉原UDXシアターで行われた『ザ・フォロイング〈ファースト・シーズン〉』Blu-ray&DVDリリース記念イベントに出席した。

 同作は、ケヴィン・ベーコン(55)扮するFBI捜査官が、史上最凶の殺人鬼と死闘を繰り広げるストーリー。全米では、殺人鬼に洗脳された“フォロワー=殺人集団”たちのリアルな描き方が話題となった。全米ではネット視聴も合わせると2340万人の視聴者数を記録するなど大注目のドラマとなっている。

 イベントには、サイコ・サスペンスである『ザ・フォロイング』にちなみ、“史上最凶のサイコ芸人”である『平成ノブシコブシ』の徳井健太(33)と相方の吉村崇(33)が登場。吉村が「ホントにそう(サイコ)なんですよ! 何考えてるかわからないし、虫ばっかり食べている。家族にも自分が何の職業か教えなかったり、ずーっと北海道出身って言ってたのに本当は千葉県出身だったり、誰も素性を知らない」と、のっけから徳井のサイコな部分を暴露すると、徳井は「僕は普通だと思ってた。でも、最近は嫁にも言われる」と、納得いかない様子だ。

 同作の猟奇的な連続殺人鬼ジョー・キャロルに対しても、徳井は「作品的に言えば、愛のある殺人鬼だと思う。理由なき犯罪ではないから。悲しい殺人鬼なんですよ。この人もある意味被害者。猟奇殺人じゃないんだよ!!!」と、持論を展開。これに吉村は「こういうイベントに一番呼んじゃいけない。言っちゃいけないことバンバン言っちゃうから! 我々今日で終わりです!」と大慌てだった。
ノブコブ徳井のサイコぶりを相方・吉村が暴露!『ザ・フォロイング』の魅力PR

 『ザ・フォロイング』の中の“フォロワー”は殺人鬼を狂信的に信じてしまう集団だが、芸能界で“フォロワー”といえばツイッターということで、2人のツイッターの話題に。吉村は「1年位手をつけていない。ヘコんだんですよ。いまは(ウーマンラッシュアワーの)村本(大輔)にバトンタッチしてますけど、いろいろ言われて…逃げました! 俺のメンタルでは対応できない。みじめさと無力さを感じた」と、フォロワーからのキツいリプにギブアップしたことを白状。一方の徳井は「最近になって、公式アカウントのチェックマーク付きましたけど、それまでは自分がやってても自分がやってないふりしてた。3年間位」と、サイコぶりを発揮していた。

 また、芸能界No.1フォロワー数を誇る有吉弘行(39)のフォロワー数が約292万人に対し、徳井の現在のフォロワー数が1万6245人(※2月4日現在)と発表される。“打倒!有吉!”を掲げ、徳井のフォロワー数を増やすことになったが、あまりにも差がありすぎるため、100分の1越えを目指すことに。すぐさま徳井が「フォロワーが3万人以上に達さないと、芸人を辞めることになりました」「ちなみに、4万人のフォロワーになったら、犬を飼いたい」など大胆なツイートを連発。結果は1万6248人と、3人増加しただけだった。

 最後に、同作の見どころについて、吉村は「ものすごく中毒性の高い作品。続きが観たくて寝不足になる。ケヴィン・ベーコンの職人的なストイックさがかっこいい。ジョー・キャロルもやばい。徳井もいずれああなるんだろうなと思った」、徳井は「何が正義で何が悪なのかが観ていてわからなくなると思う。最後に、何が悪なんだ? わからないよ? そういうことです!」と、それぞれコメント。

 『ザ・フォロイング〈ファースト・シーズン〉』コンプリート・ボックスのBlu-rayは1万1238円(税抜)、DVDは9333円(税抜)でワーナー・ホーム・ビデオより発売中。

ノブコブ徳井のサイコぶりを相方・吉村が暴露!『ザ・フォロイング』の魅力PR

平成ノブシコブシ