俳優・女優 2014年01月26日19時49分

平牧仁トッキュウジャー会見で関根勤に告白&お詫び!ジェットマン・イエローとの共通点とは


平牧仁トッキュージャー会見で関根勤に告白&お詫び!ジェットマン・イエローとの共通点とは

平牧仁が関根勤に謝った内容とは?

 俳優・平牧仁(26)が26日、東京・ドームシティプリズムホールで2月16日よりスタートするスーパー戦隊シリーズ第38作目となる特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』(テレビ朝日系、日曜・午前7時30分~)記者発表会見にトッキュウ1号/ライト役・志尊淳(18)、トッキュウ3号/ミオ役・梨里杏(20)、トッキュウ4号/ヒカリ役・横浜流星(17)、トッキュウ5号/カグラ役・森高愛(16)とともに登場し、司会はテレビ朝日の宇佐美佑果アナウンサー(25)が務めた。

 スーパー戦隊シリーズの歴史の中で初、子供の頃に誰もが憧れた『列車』をモチーフに描いた作品。悪の路線『シャドーライン』との戦いを通じて夢や希望を守るため『トッキュージャー』の戦いが描かれる。若手俳優の登竜門的作品でもあるだけに、注目の集まる会見となった。平牧は“テニミュ”の愛称で親しまれているミュージカル『テニスの王子様』への出演で知られ、本作ではイメージカラーがブルーのトッキュウ2号/トカッチ役を演じる。

 劇中衣装で登壇した平牧は、「少年の心を持った大人というキャストで、僕は最年長ですけど、一番下の人とは10こくらい年が違うんですけど、少年の心を取り戻して演じたい」と少々苦笑いを浮かべつつ、「さらに(戦隊モノ)レギュラーでメガネキャラというのは数少ないので、かの有名な、鳥人戦隊ジェットマンのイエローオウル先輩のように、輝いて羽ばたけるように頑張りたいと思います」と、第15作目の『鳥人戦隊ジェットマン』を引き合いにあいさつ。

平牧仁トッキュージャー会見で関根勤に告白&お詫び!ジェットマン・イエローとの共通点とは

 

 役が決まった時の心境については、「やっとここにこれたという気持ちが大きくて、僕はいま26歳ですけど、20歳前からいろいろやらせて頂いて、やると決めた時から、戦隊というのはとても大きな登竜門として、目指してきた場所の1つでした。うまくいくことなく、回り道や挫折を経験して、いまの事務所のマネージャーさんがずっと連れ添ってくれている、とても明るくサバサバした女性マネージャーさんなんですけど、決まった時に、『やっとここまで来たね』と涙ぐんだ声で言ってくれたのがグッと来て、そのときは電話でしたけど、いろんなことを思い出して、感無量という感じでした」と、念願かなった苦労人ならではの味のあるコメントが。

 役柄については、「コミカル担当的な部分を担っていまして、それが本当に難しくて、笑わせるというか、笑わせるキャラになりたいというのが笑いのところでは考えています。あと、笑わせるキャラなので、観てくださる方に愛されるトカッチくんでありたいとも思って、その2点を気をつけています」とこだわりを交えて話しつつ、「隣にそんなキャラがいまして、まさに、志尊くんが周りから好かれるライトのような存在なので、僕はいつも影から志尊くんを観て勉強させて頂いています」と、志尊を持ち上げ、照れ隠しに志尊は「何も出ませんよ」と、笑みを見せていた。

平牧仁トッキュージャー会見で関根勤に告白&お詫び!ジェットマン・イエローとの共通点とは

 

 撮影現場の様子ついても披露。「昼飯を食べるタイミングが難しいんですけど、撮影所の近くにスパゲティー屋さんがあって、ここなら早く料理が出るだろうと思って入ったら、まぁー、スパゲティーが全然出てこなかった。でも、流星くん以外のスパゲティーはみんな出て、僕らは平らげていたんです。あと5分で出ないとまずいという時間になって、初めて流星くんのカルボナーラが出てきて、『流星あと5分でここ出ないとまずいぞ』と言ったら、なんと、彼は1分でスパゲティーを平らげまして、僕は初めてスパゲティーを1分で平らげられるんだというのを見ました。特技にできるレベルだと思います!」と、横浜が恥ずかしげにするなか暴露し、ほんわかさせることも。

 共演にはタレント・関根勤(60)が久々のスーパー戦隊への出演となるが、現場ではモノマネを披露してくれているのだとか。しかし、志尊が「昔の方なんで全然分からないんですが、でも、おもしろいんです!」とのこと。そんな最中、平牧は、「僕だけはモノマネが分かってしまって、僕だけ笑ってもと思ったんですが、若者ぶって分からないふりをしていました。関根さんすいませんでした」と、告白&お詫びが飛び出すことも。

平牧仁トッキュージャー会見で関根勤に告白&お詫び!ジェットマン・イエローとの共通点とは

ジェネレーションギャップが…

 すると、志尊が、「平牧くんにかんしては関根さんのことだけじゃなくて、僕ら4人とジェネレーションギャップがすごいんですよ。いきなりひどいこと言うんです!」と、“糾弾”することに。これに平牧は、「みんなわかってるはずだと思うんですけど、何かあったときに『ああ、クワバラ、クワバラ』って言うじゃないですか。そしたらみんなが、何の呪文?って言ってくるんです」と、弁明。だが、志尊は「なんで知らないの?と勉強を押し付けてくるんです。仁くんそれは歳の差だと思うよ」と、言うと、平牧は「絶対それは違う…本当に?」と劣勢に。さらには、森高が、「マジで切れる5秒前でしたっけ」と言い出すと、平牧は「MK5ですね、チョベリバが流行ったときの話ですね」と解説し、森高は「それも勉強になりますよね」と、ハードルは高そうな様子を見せていた。

 特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』は2月16日より放送スタート!

 ■ほかキャストのコメントなど
 ・志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」
 ・梨里杏 二十歳は烈車戦隊トッキュウジャーに捧げたい!現場で志尊淳に困ってる!?
 ・横浜流星 目に涙ため会見!志尊淳けん玉エピソードで感心
 ・森高愛ツインテール姿で最年少!トッキュウジャー現場は「5人ともボケ担当」
 ・関根勤 戦隊シリーズ38年ぶり登場で芸能生活のすべてをかける!車掌ビジュアルも公開
 ・「烈車戦隊トッキュウジャー」目玉は掟破りの“乗り換え変身”!レッドではなく1号の理由に関係も

 ■『烈車戦隊トッキュウジャー』詳細情報
 ○スタッフ
 原作:八手三郎
 プロデューサー:佐々木基(テレビ朝日)、宇都宮孝明(東映)、石川啓(東映)、矢田晃一(東映エージエンシー)、深田明宏(東映エージエンシー)
 脚本:小林靖子ほか
 監督:中沢祥次郎ほか
 アクション監督:福沢博文
 特撮監督:佛田洋(特撮研究所)
 音楽:羽丘佳
 主題歌:オープニング『烈車戦隊トッキュウジャー』(歌:伊勢大貴)、エンディング『ビュンビュン!トッキュウジャー』(Project.R(鎌田章吾、YOFFY、谷本貴義))

 ○ほかキャスト
 チケット:(声)山口勝平
 ワゴン:(声)堀江由衣
 車掌:関根勤

 シャドーライン
 ネロ男爵:(声)福山潤
 ノア夫人:(声)久川綾
 シュバルツ将軍:(声)壤晴彦
 グリッタ嬢:(声)日高のり子

梨里杏 二十歳は烈車戦隊トッキュウジャーに捧げたい!現場で志尊淳に困ってる!?

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

平牧仁

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

梨里杏

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

横浜流星

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

森高愛

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

関根勤もVTR出演!

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

宇佐美佑果アナ

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

 

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

 

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

 

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」

 

志尊淳トッキュウジャー爽やか会見!「常に感謝の気持ち」