俳優・女優 2014年01月17日12時23分

松たか子 音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」で夫婦初共演!りょう約2年ぶり本格復帰


松たか子 音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」で夫婦初共演!りょう約2年ぶり本格復帰

松たか子が製作会見で熱唱を見せた

 女優・松たか子(36)が16日、東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン稽古場で舞台『もっと泣いてよフラッパー』製作発表会見に作・演出・美術・出演の串田和美(71)、松尾スズキ(51)、俳優・大東駿介(27)、石丸幹二(48)、女優・秋山菜津子(47)、りょう(40)、鈴木蘭々(38)らとともに登場した。

 現在上演中の『KAT-TUN』上田竜也(30)らが出演する舞台『冬眠する熊に添い寝してごらん』(参照記事:http://newslounge.net/archives/110353)に続き、渋谷のBunkamura25周年記念公演第2弾。串田が1977年に書いたオリジナル戯曲で92年まで5公演が行われた人気の舞台。1920年という設定で空想の街・シカゴを舞台に、音楽、頽廃の香りが漂うフラッパーらのそれぞれの恋物語などが音楽に乗せて描かれる、魅力にあふれる作品となっている。

 当日は劇中の30曲のうちの4曲が披露。大東、串田、石丸を含めた劇中の18人バンド『オルケスタ・デ・ラ・リベルタ』による『2幕オープニング』『Flying Home』の2曲を手拍子などを交えて軽快に演奏。その後、松も加わり、『スウィング・メモリー』『もっと泣いてよフラッパー』を松の夫である佐橋佳幸氏がギターで参加するなか歌唱。ジャジーな空気が場内に漂うこととなった。

松たか子 音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」で夫婦初共演!りょう約2年ぶり本格復帰

 

 松は本作を踊り子のトランク・ジル役で主演することに「個性豊かなバンドの中で歌えるのはドキドキもします。それに、とても大きな喜びでもあって、いいバンドに巡り会えたと思っています。本番で毎日毎日違う歌を歌っていけると思うと、楽しみです。演奏する人たちは大変だと思いますけど、楽しく歌わせて頂いてます」と、笑み。

 中学生のときに本作を鑑賞したことがあるそうで、「役者さんが演奏しているのに驚きました。これは作り物だよという舞台を見たのは初めてで、お芝居の好きなところを教えてくれた舞台。『もっと泣いてよフラッパー』ってどういう意味なんだろうとか、そこに入る時間が、夢のような世界だったことは記憶しています。そこにいた時間が特別で、夢のような世界だったという記憶があります」と、昔を懐かしむ。

松たか子 音楽劇「もっと泣いてよフラッパー」で夫婦初共演!りょう約2年ぶり本格復帰

 

 本作へは、「今やれることに集中して、いい舞台になるようにやり尽くせたらいいなと思います」と抱負を述べた。

 さらに、りょうは、2012年4月に第2子男児出産以降初の復帰作になるといい、「産休明けで2年ぶりくらいの復帰作になりますが、どうしても串田さんの舞台に立ちたいと思いまして参加させて頂いております。必死でやっておりますが、なんとか頑張りたいと思います」と、気合を入れつつ、青い煙のキリー以外にも何役か演じることも明かしていた。

 舞台『もっと泣いてよフラッパー』は2月8~3月2日まで東京・Bunkamuraシアターコクーン、3月7~9日まで長野・まつもと市民芸術館、3月14~16日まで大阪・シアターBRAVA!にて上演!

 ■キャスト
 トランク・ジル(踊り子):松たか子
 旦那アスピリン(黒手組の首領):松尾スズキ
 お天気サラ(踊り子):秋山菜津子
 青い煙のキリー(踊り子):りょう
 クリンチ・チャーリー(八百長ボクサー):大東駿介
 フラポー(ベンジャミンの許婚者):鈴木蘭々
 月影ギナン(踊り子):太田緑ロランス
 銀色パパ(銀色ファミリーのボス):串田和美
 コミ帝国の皇太子:片岡亀蔵
 シカゴタイムズの新聞記者・ベンジャミン:石丸幹二