お笑い 2013年12月09日20時51分

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」


うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

うしろシティが著書とDVDの発売記念イベントを開催した

 お笑いコンビ『うしろシティ』の金子学(32)と阿諏訪泰義(あすわ・たいぎ、30)が9日、都内で著書『うしろシティ 料理男子と裁縫男子』(講談社)とDVD『うれしい人間』(アニプレックス)発売記念イベント開催を前に囲み会見を開いた。

 コント日本一を決める『キングオブコント』に2012、13年と2年連続決勝進出。『PON!』(日本テレビ系)、『GO!オスカル!X21』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、“2013年伸び率No.1若手芸人”との呼び声も高い『うしろシティ』。著書は2人の趣味である阿諏訪の料理と金子の裁縫をフィーチャーしたものとなる。

 本作について、阿諏訪が「裁縫や料理が苦手な人から、興味持っている人まで、取っ掛かりになる本になっているので、結構読み込める内容です」というと、金子は「僕が裁縫の先生に教わっているところを見る本で、先生がすごく分かりやすく丁寧に教えてくれてる。入門書とかでも、いきなり分からない言葉が出てきやすいんですけど、そういうのがあまりない。入門書の1歩前で入門書を買うための本ですね」と、説明。

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

 

 阿諏訪が料理を始めたきっかけについては、「芸人始めて食べれない頃に飲食店の厨房でアルバイトしていて、そこで培いました。いまはなんとかアルバイトやらずにすんでます」といい、金子は「テレビを買いに行って、横にミシンがちょっと安く売ってて、ミシンってこんな安いんだって。もともと服が好きだったので、服が作れれば一番安上がりだしという感じで始めました」と、きっかけを語り、「お互いお金がないところから始まったんだな」と、しみじみと振り返る。

 さらに、DVDについて、金子は「キングオブコントでビリになったネタが入ってます。あの悲しみをもう一度という感じで」と、自虐で笑いを誘うことも。この時期のリリースについては問われると、金子が「キングオブコントに合わせました。たまたま僕らがビリだったんで…。僕らが売れていれば成功していたんですけど」と、またも自虐だったが、関係者は「そんなことないですよ」と、しっかりフォローする姿もあった。

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

 

 ちなみに印税については、金子が「汚ねぇ質問するな」と言いつつも、阿諏訪が入ってきたら「節約料理ばっかり作ってて、高い食材とか使ったことないんですよ。クリスマスになったら七面鳥とか、わずかな後輩と食べたい」と、希望を挙げ、金子は「高いミシン買いたい」と言ったものの、電気代が期日に払えていないそうで、阿諏訪は「キングオブコント決勝終わって帰ったら止まってました」と言い出し、金子が「結果を受けて止めたのかも」と、冗談交じりで話していた。

 今後したいことについては「テレビに出たい。深夜が多いですけど、ゴールデンタイムに出演したい」(阿諏訪)、「タクシーに乗りたい。寝てねぇと言いたい」(金子)と売れっ子として多忙な日々を過ごしたいと願う様子を見せる2人。

 クリスマスに、料理をしてあげたかったり、裁縫したものをあげたい人はいないかと尋ねると、「すげー!芸能の質問みたいだ!」と、ニコニコしつつ、阿諏訪は「僕は友達がいないんで、あんまり人に振る舞うというのがなくて、ベタにチキンとかを振る舞うとかやったことないんです」と、モテそうな料理男子ながらも意外な実情を。金子は「作った服をあげたいですけど、僕のレベルの服をもらって着る女の子は嫌です(笑)もっとちゃんとした服がいいだろうって。将来的には好きな子とかが着たい服を縫えるようになったらいいかな」と、頑張っていくそう。

 続けて報道陣から、「いまそういう相手はいない?」と、聞かれ、阿諏訪は「いないです」とストレートに返答。金子は、「こういうときは含ませた方が……、いやー今回、本とDVDの発売イベントなんで、関係ない質問はお控えください(笑)」と、ノリノリではぐらかしていた。

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

特典のひとつピックを見せる

 イベントが始まるとまずはネタから。「耳の穴鎮魂祭」で観客の心をばっちり掴み、会場の空気を温める。著書をリリースできたことに感慨深げで、阿諏訪は「まさかこんな早いタイミングで出せるとは思っていませんでしたね」と、しみじみ。

 金子は裁縫の先生について語りだし、「秘密なんですが、すごいアイドルグループの衣装を作っていて、結構すごい人なんです。作るのが早い人で、1個作ったら丁寧にやるじゃない。でも、ショートカットしてここはこうやるとか教えてくれるんだけど、感覚的に、くっつくところを教えてくれたり、工作みたいな感じだった」と、魅力を語ることに。

 ほかにも、DVDに入っている全国4ヶ所でのツアーも振り返り、阿諏訪は、「名古屋行ったことなくて、すごい立派なところでビビった。名古屋のお客さんはおとなしめに盛り上がるって事前に聞いてたけど、盛り上がってくれて」と、手応えがあったそう。

 そのDVDの特典のネタでは、金子は「またやったりすると、ネタが変わってたりするんです。『こんな感じだったっけ?こんな流れだったっけ?』ってなってる」と、日々進化していることも明かしていた。

 著書『うしろシティ 料理男子と裁縫男子』は1470円で、DVD『うれしい人間』は3990円(それぞれ税込)で好評発売中!

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

金子学

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

阿諏訪泰義

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

パネルにサインが入れられた

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

じゃんけん大会

うしろシティ全国4ヶ所周り手応え!金子裁縫の先生は「すごいアイドルグループの…」

じゃんけん勝者2人にサイン入りパネルを手渡す