グラドル 2013年11月16日11時10分

水樹たま 一週間で体重7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加


水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

水樹たまがセレブ御用達のインナーシェイプウェア姿を披露した

 グラビアタレント・水樹たま(28)が15日、都内でインナーウェア『SPANX SSCOLLECTION』発表会に登場した。

 『SPANX(スパンクス)』とはジェシカ・アルバ、ビヨンセ、マライア・キャリー、リンジー・ローハンらハリウッドのビッグネームが、レッドカーペットを歩くときに最高のスタイルを演出するアイテムとして愛用しているといわれているインナーシェイプウェア。2000年に創業者サラ・ブレイクリー氏の発案からスタートしたどんな体型の女性でもスラリと見えることがポイントのものとなっている。

 その体型から有吉弘行(39)から“土偶アイドル”とも名付けられることになった水樹だが、サイズの合う服を探すことには苦労していたそうで、約1年前にワコールの店員からの勧めでスパンクスに出会ったそう。

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

おなかのあたりのラインが引き締まるという

 ピタッとした赤いドレスの水樹の着こなしに同社社長も、「たまさんはビューティフルです」と、なめらかなラインになっていることで、品質に自信を見せる。

 その後、ドレスを脱ぎ同社の新製品の下着姿で現れた水樹も「補正下着ってギチギチで体が痛くなりやすんですけど、スパンクスは生地がフィットするので、長時間着続けないといけない時にも疲れない嫌な感じがしないんです。動きやすいしずれないので便利です。いっぱい食べても苦しくない。胸も動いても揺れが少ないので安定して使えることができます」と、アピールしていた。

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

 

 囲み会見ではイベントでランウェイを歩いたことを問われ、「こういうところを歩かさえていただくのが初めてで、朝から緊張していました」と、苦笑いを見せる様子も。

 本製品に出会うまでは服に悩みもあったそうで、「そういうお洋服を避けていました。おなかのラインがぽっこりするから。最近はスパンクスはいたら着れるという感じに変わってきました」と、重宝しているそう。

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

 

 なぜ“土偶アイドル”と呼ばれるまでに太ってしまったのかについては、「仕事が暇だったので、時間が空いてたら食べちゃって。そのときMサイズのパンツがはいっちゃってたし、体重計が家になくて、自分は太ったと思っていなかった。それで数年ぶりに体重計にのったら、45キロから60キロと15キロくらい太ってて」と、実情を話すことに。

 一時期、トークバラエティ番組『有吉反省会』(日本テレビ系)の企画で54.5キロまで落ちたそうだが、今の体重を尋ねると、60キロほどあるそうで、「1週間で7.5キロくらいリバウンドしました。食べるの我慢していて、やっと食べれると思って気づいたら増えてました」と、苦笑いを浮かべる様子も。

 現在公式では上から94・64・94だそうだが、本当のサイズを尋ねると、「97・72・100」なのだとか。それでも、その体型でブレークし始めているため、「いまはこの感じでやらせていただこうかな」と、あくまでマイペース。

 さらに、そんな体型になったことで、仕事も友達が増えたそうで、「最近食べ物のコラムを頂けるようになって、雑誌のお店紹介とか頂けるようになった。こういうお仕事だと『誘わないほうがいいでしょ』と言われるのですが、食べるのが好きというのが伝わっているので誘って頂けるようになりました」と、意外な効用もあったそう。

 「もうすぐクリスマスですが、いまから無理なダイエットをしなくても大丈夫です」という水樹だが、現在付き合っている男性はいないそうで、タイプを挙げてもらうと、「私を評価してくれる人。いっぱいたべてくれる人、私がいっぱい食べても怒らない人がいいです。もうすぐ、クリスマスなので」と、希望も語っていた。

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

水樹たま

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

スパンクス着用前

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

 スパンクス着用前

水樹たま 一週間で7.5キロリバウンド!ぽっちゃり“土偶”で友達も増加

着用後