俳優・女優 2013年10月28日21時55分

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」


木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

10年ぶりの声優挑戦となる木梨

 タレントの木梨憲武(51)と“福くん”こと子役の鈴木福(9)が28日、都内で映画『ウォーキング with ダイナソー』(監督:ニール・ナイチンゲール、バリー・クック/配給:20世紀フォックス映画)の制作記者会見に登場した。

 同作は『ディープ・ブルー』『アース』という名作ネイチャードキュメンタリーを産み出してきた英・BBCと20世紀フォックス映画がタッグを組み、最新の3D映像で恐竜たちが闊歩する7000万年前の世界を描いた大作。最新の研究に基づいた緻密な恐竜描写など、子供から大人まで楽しめる作品となっている。

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

『ウォーキング with ダイナソー』制作記者会見

 恐竜の被り物をして登場した福くんは「恐竜が大好き。今年の夏も福井県の恐竜博物館へ行って化石発掘体験をしました。『ダイナソー子供大使』になれて、僕にとっての今年は“恐竜イヤー”です!」とパーフェクトなコメント。「いろんな人に恐竜のカッコイイところを観てもらって、どんどん好きになって欲しいです」とアピールした。

 トリケラトプスの数百年前に存在したパキリノサウルスの子供の成長を通して躍動する恐竜たちを描く同作。主人公であるパッチの日本語吹き替え版の声優を担当する木梨は、大迫力の映像を目の当たりにして「ビビってるところも多少ありながら、すごい作品で光栄」と恐縮気味。「僕、いります? 邪魔をしないように来週、再来週に向けてプロの方達と作戦を練らないと」と肩をすくめ笑いを誘った。

 報道陣から「ハードル上がっちゃった感じですね?」と聞かれると「そうっすね。恐竜ものとしか聞かされてなかったので、契約書にサインするときに“あれ、話が大きいぞ”となりました。日本語が入っても違和感の無いようにがんばりたい」と意気込みを語った。

 『ファインディング・ニモ』以来、10年ぶりの声優に挑戦する木梨は、久々の声優業について聞かれると「忙しくはないですよ。今は“みなさんのおかげです”一本ですからね」と話しながら「(家族は)基本僕にドン引き。うまくできて形になったら言いたいですね」と語った。「今後は声優の路線も?」と聞かれると「上手くできたら次に繋がる。次に繋げるためにやっているわけじゃないんですけど。なんでも屋としてチャレンジしていきたい」と前向きに語った。

 一方で、福くんは「3Dで観たらすんごい大迫力でした! 恐竜はカッコイイしすごいな。パキリノサウルスやトリケラトプスが好き。プテロサウルス(プテラノドン)のような空を飛ぶのが好き。カッコイイ」とニコニコと笑顔。「この映画を観て、恐竜を好きになって欲しいな。映画で“強く生きろ”っていうのがあるので、強く宣伝したいと思います」とまたもや完璧なコメント。木梨は「“ロープー”(プロ)だね」と笑いながら「心から言えるのがすごい。12月20日楽しみにしていただきたいです」とPRした。

 『ウォーキング with ダイナソー』は12月20日TOHOシネマズ日劇ほか2D、3D、字幕、吹き替え全国ロードショー!

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

木梨憲武

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

鈴木福

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

『ウォーキング with ダイナソー』制作記者会見

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

『ウォーキング with ダイナソー』制作記者会見

木梨憲武、福くんの完璧なコメントに感心!「“ロープー”だね」

『ウォーキング with ダイナソー』制作記者会見